2005年08月23日

北斗の拳風に語る夫婦生活

@既婚男性

1 :素敵な旦那様:04/12/14 15:29:40
こんなに苦しいのなら
こんなに悲しいのなら
もう嫁などいらぬ!

嫁を捨てるか・・・
誰よりも愛深き男がゆえに・・・


4 :素敵な旦那様:04/12/14 15:33:53
わが嫁選びに、一片の悔いなし!!!


10 :素敵な旦那様:04/12/14 16:55:04
俺たちはもう、死んでいる。


18 :素敵な旦那様:04/12/14 20:11:20
引かぬ!
媚びぬ!
省みぬ!!!!

。。。。嫁のセクースの対応_| ̄|○


22 :素敵な旦那様:04/12/14 21:36:41
わが妻の料理は我流
我流ゆえによめぬ


37 :素敵な旦那様:04/12/16 03:41:56
あわれな・・・お前らの頭上にも死兆星が・・・

38 :素敵な旦那様:04/12/16 17:59:07
ば、ばか、俺じゃないるれ


43 :素敵な旦那様:04/12/26 02:26:58
結婚前はユリアだったのに今ではハート様に変身してしまった
嫁よ「お前の胃袋は何物だー」


57 :素敵な旦那様:05/01/01 19:14:35
嫁のツレ「こんな生命保険実るわけねーよ」
嫁   「実るさ・・・この土の下には旦那が眠っている」


75 :素敵な旦那様:05/01/09 10:32:57
昨夜は「山のフドウ」が動いた!
騎乗位で
だが俺が2回戦を拒否したんで
「鬼のフドウ」と化した


80 :素敵な旦那様:05/01/10 10:33:44
「たとえ99%勝ち目がなくとも…1%あれば…戦うのが
 ダンナとしての宿命だ!!」
「今のお前にはその1パーセントの勝ち目すらない」


89 :素敵な旦那様:05/01/11 12:00:57
俺「お…おクさん… む、昔のように… もう一度ぬくもりを…」
離婚届記入済み嫁 「天(実家)に 帰る時が来たのだ!!!」


109 :素敵な旦那様:05/01/12 11:29:08
ぬう!・・・うぬはレトルトを使いおるか・・・


145 :素敵な旦那様:05/01/14 21:25:06
ほんとしんけん

こずかい

なんとせんえん


162 :素敵な旦那様:05/01/15 17:30:42
 好 こ 男 ひ わ さ     ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,      少 稼 わ
 き の.性 と .た .れ   (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、      な ぎ た
 に 金 と .り .し .ど   ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"      い .は し
 使 .を し の .も    / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、    !  の
  っ  て       (  ソ | ti'| t、tig◎bm|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ
 て           )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,gi |i :| ヽソ
 み          ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )    し
 た          (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く
 い           リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )
            `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、,
             tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ
              )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、,
            /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, ))
           ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
           i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、,
           ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )
           、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (
            ,ゝ  ,,  / ヽi、:::::::::: """""";;;;  :::::::  /,, /"  ''::"  ::: |} ~'' 、



168 :素敵な旦那様:05/01/16 13:43:56
俺の名はジュウザ
家庭では空気のような存在だ

169 :素敵な旦那様:05/01/16 13:46:56
俺も雲のジュウザ・・・
嫁の意見に流されるだけだよ・・orz..

170 :素敵な旦那様:05/01/16 13:48:35
俺も雲のジュウザ・・・
嫁気の向くままに飛ばされる・・・


196 :素敵な旦那様:05/01/18 17:49:47
俺 もはやこの押印が我らの最後の別れとなるだろう
   俺も子供達も同じく畏れ慄いたあの偉大なる暴君 嫁!
   この心はいまだ癒えずにこの心は傷ついている!!

息子 見ろ母さんの闘気が逃げている!!闘気の乱れはスキとなる!
   闘気の一瞬の乱れも許さぬ父さんの離婚届にもはや母さんはなす術もないんだ!!

娘 お…お婆ちゃん 見て! と…父さんがお婆ちゃんの心と一緒に戦っている

祖母 もうすぐ来るわ… 永かったふたりの戦いが終わる時が…
   そしてこの不憫な家庭に安らぎが訪れる時が!!

嫁 よかろう ならば破ってみせよう(離婚届を)この両手に我が生涯の全てを込めて!!
  受けてみよ!我が全霊のビンタを!!

嫁 ぬうおお〜〜〜っ!! 我に屈せい 夫よ!!

息子 や…やった!!

嫁 ば…ばかな わ…わたしの この嫁の全霊のビンタが

俺 お前の心は欲でいっぱいだが
   俺の中には息子への想い 娘への想いが生きている
   天地を砕くビンタもこの俺の頬を腫らすことはできぬ!!

嫁 今こそ悟った!お前は今日までこの結婚生活で死を見切って生きてきた
   熾烈なる姻戚(とも)との戦いの中で生と死の狭間を見切ったのだと!!
   フ…親戚(とも)か… 私には親戚(とも)と呼べる者は姉しかいなかった…
   み……見せてくれ この嫁に三行半を突きつけた男の顔を 
フ…フフ 見事だ夫よ!!

嫁 婆ぁ!! お前の命はあと数年はもとう!!
残る余生息子や孫と静かに幸せに暮せい

祖母 よ……嫁…

嫁 さらばだ夫よ 私もまた実家へ! 逝かず後家の姉の下へ帰ろう
   この嫁 実家へ帰るに弁護士の手は借りぬ!! はああ!!

嫁 我が生涯はいっぱい悔いだらけ!!


232 :素敵な旦那様:05/01/24 16:44:07
嫁 ちょっといい女のフリすりゃきさまらのような旦那どもがプロポーズしやがる!!
   そんな汚ねぇゲスなおまえらでもたったひとつだけ役にたつことがある
   だまっていてもオレの所に食料をはこんでくることだ!!


247 :素敵な旦那様:05/01/25 12:46:24
嫁「ぬぐぐ・・・
ダンナのほうが家事全般この嫁より
うまくやれるというのか!
「家事放棄」と万人が認めてもこの 嫁だけは認めぬ!
あとでやるつもりなのだ・・・なんだこの匂いは
輝きは・・・」

俺「それが 掃除と料理 と言うものだ 嫁!!」


259 :素敵な旦那様:05/01/26 10:40:35
戦いの哀しみがダンナの体にあらゆる奥義を
きざみつけていった・・
その哀しみが深ければ深いほど!

奥義
1寝たふり
2きこえないふり
3家をふらっと出る
4子供に反省してる旨を伝えさせる

究極奥義 
     土下座


262 :素敵な旦那様:05/01/26 11:32:57
ここは旦那の泣く街
カサンドラ


278 :素敵な旦那様:05/01/27 12:57:24
子 お母様!
   せめて! せめて、パパに千円札の一切れを!

嫁 何をねぼけたことを・・・


296 :素敵な旦那様:05/02/01 17:43:06
嫁  おい 旦那! 私の乳を吸ってみろ!!
    そうか!! おまえ、私の乳首の形を見ても嫁とわからねぇのか?

旦那 か、勘弁してください・・・

嫁  そうか おまえ死にたいのか・・・
    もう一度だけチャンスをやろう! 私の乳を吸ってみろ!!

旦那 す、吸います!吸います!

嫁  ほ〜〜〜 それでは私の乳を吸ってみろ!!
    私はウソが大きれぇなんだ!!
    不能か・・・ ナメてんのか? ん!? おい
    肝の小せぇやろうだ・・・ ショック死しやがった・・・


307 :素敵な旦那様:05/02/03 11:29:34
俺 フッ・・・ おまえがサラ金に駆け込むのはわかっていた
   おまえに給料の全てを預けておくほどわたしはおろかではない
   フフフ・・・それにおまえのおかげで離婚の条件を満たすことができた!
   ご苦労・・・心おきなく借金まみれの一人身になるがよい!!

嫁 う、裏切ったなぁぁぁ!?

俺 裏切りなどではない これは知略だ!!
   男性板住人はおのおのがひとつの宿命を持っている!

   趣味に殉ずる星 殉星を持つ男、喪男!!('A`)
   自分ために生きる独星を持つ男、毒男!!('A`)

   そして我ら既婚男性の持つ星は最も我慢強く思慮深い星 犠星!!
   人は裏切りの星と呼ぶがそうではない!(堪忍袋の緒が切れただけだっ!)
   犠星の怒りは裁判官の心情も動かす 忍耐と知略の星なのだ!!

コーヒー飲みながら拾い読んでまして「殉星を持つ男、喪男!!('A`)」で
モニタにコーヒーをマジで吹いてしまった…orz



314 :素敵な旦那様:05/02/04 15:07:13
嫁 : 泣くな! 二度と涙は流してはならぬ!!
俺 : よ・・・嫁・・・
嫁 : 転職を成功させたくば涙を捨てろ!
    涙は転職に無用!涙を己のスキルと今後の報酬に変えるのだ!
    私はすでに涙を捨てた!!
    おまえの転職のため、そしてその報酬の全てを我が手に掴むために!!


319 :素敵な旦那様:05/02/05 09:21:50
長男「俺の名は、旦那の哭く家の衛士息子!」
長女「同じく娘!」
長男&長女「ここを通すわけにはいかぬ!!」
長男&長女「午前様でこの玄関を開けようとするものには死、あるのみ!二神風雷拳!!」

長男&長女「バ、バカな・・・ヨッパライのくせに!?」

  ┏┳┳┓           ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃  【俺】      ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┣┓ そこまでだ.┏┫┃┃┃┃
┃      ┃┃┏━━━┓┃┃      ┃
┃      ┣┫ . ・∀・ ┣┫      ┃
┗━━━━┛┗┳━┳┛┗━━━━┛
            ┏┻┓┃
        ┏━┛  ┣┻┓
        ┗━━━┫  ┗━┓
.             ┗━━━┛

俺  「敵意より恐怖。 おまえたちの目は母への恐怖心に満ちている!」
長男「あんたに賭けてみよう!あんたなら嫁伝説をやぶるかもしれん…」
長女「そして私たちを含め ここに生きるすべての者に再び光と生を!!」
俺  「この玄関の鍵は開けておけ!もはや二度と閉め出されることはない!!」


333 :素敵な旦那様:05/02/06 12:29:46
我が家の

第一の羅将  嫁
第二の羅将  息子A
第三の羅将  息子B

村長      俺

334 :素敵な旦那様:05/02/07 08:12:41
>>333
しかも「無抵抗の村」の村長だろ?w


369 :素敵な旦那様:05/02/16 08:57:47
俺は結婚したとき すでに敗北者だった

370 :素敵な旦那様:05/02/16 09:01:10
>>369
貴様は最初からジョーカーを引いていた!!


405 :素敵な旦那様:05/03/02 09:26:52
嫁「この執念は一体!?」

俺「息子の・・・ 我が息子の永遠の光!!
   お・・・俺ならば光輝く!
   さ・・・されど嫁!!
   きさまが前に立てばわが息子の頬は涙に濡れる!!
   そ・・・それだけは!! それだけはさせぬ!!」


416 :素敵な旦那様:05/03/05 08:36:17
営業マン「違うっ!! 貴様はこの家の長ではない!
     その目は己が命を握られ、屈している目!!
     俺の目はフシ穴ではない!!」

俺「はっ?!」

-嫁を指し-

営業マン「貴様が長だ!!」


439 :素敵な旦那様:05/03/08 23:08:24
妻「私らの結婚記念日をいってみろ!」


475 :素敵な旦那様:05/03/15 16:21:55
嫁「貴様!なぜこの嫁とヤらなかった!!」
俺「しっ・・・しかか・・・かし・・・ あの時あなた様を起こせば・・・」
嫁「うぬ〜〜!! どこまでも下衆なやつらよ!!
  寝たまま、たまのセックスを逃そうとは思わぬわ!!」


507 :素敵な旦那様:2005/03/28(月) 15:02:54
嫁「今月の給料はどこだ!?」
俺「だ・・・誰がてめえなんかに・・・・・・・・・・・・」
嫁「そうか・・・」
俺「ぐあ〜 ひい〜〜!! うぎゃあ わ あが!!
  ぷぷ・・・ あがひ!! へべべ」
嫁「もう1回まわるか?」
俺「い・・・・・・言わせていただきます!
  き・・・給料は、い・・・今までの口座への振込をやめて俺の別の口座へ!!」
嫁「なにィ!!」


531 :素敵な旦那様:2005/04/04(月) 09:57:50
俺「お・・・俺はおまえにやり残したことがある」

嫁「よ・・・よくぞきた!!
  さぁ・・・旦那、お・・・おまえの拳でこの私にとどめを刺すがよい・・・」

    ヘロヘロ・・・パスン

嫁「バ・・・バカヤロウそんな拳でこの嫁が死ぬか〜〜〜
  わ・・・私はおまえの給料の殆どを使い、おまえを借金地獄に引き込んだ女だぞ!!
  晴らしても晴れぬ恨みがあろうが〜〜〜〜!!」

俺「つ・・・突きにきたのではない。お・・・おまえにひとこと言いたかった
  お・・・俺が強かったら・・・この○○家の当主としての稼ぎが充分であったら
  お・・・おまえは歪まなかったはず・・・
  すべてはオレの責・・・許せと!!」

嫁「そ・・・そんなことをいうためにおまえは!!
  旦那よ!また昔の、あの新婚の頃に戻ってともに遊ぼうぞ!!」


540 :素敵な旦那様:2005/04/07(木) 21:38:43
俺「ウヘヘッ、このボーナスで俺もついに念願のニューPC購入だぜ」
嫁「全部だ」


545 :素敵な旦那様:2005/04/08(金) 14:53:07
奴の名は嫁!俺の小遣いを7000円にした女だ!!


569 :素敵な旦那様:2005/04/24(日) 08:07:47
ケン「>>1〜>>568、ふう…ありがとう、生き返ったよ。」

おまいら「…。(テヘッ)」

ケン「でも大丈夫なのか?この板に嫁のことを書いて…。」

おまいら「…。(ニコッ)」

バット「ヘッ、赤くなりやがってウホッ!な奴らだぜ。」

ケン「おれはケンだ。あんたなんという名だ?」

おまいら「…。」

バット「ハッ、無理だよそいつら耳は聞こえるけど喋れねえんだ。」

ケン「しゃべれ…。」

バット「ま、もっとも無理はねえけど。ボーナスを鬼嫁に全額使われちまったんだ。
    気が弱いうえ、家では厄介者扱いでよ。夜のバイトまでやらされてよ。」

バット「今の世の中小遣いだって、何の役にもたたねえ…。
    ま、言っちまえばギリギリの昼飯代って言ったほうが早いってこった。」

おまいら「(キッ!)」

バット「あわわ、そんなに睨むなよぉ。悪かったよ…。」

ケン「…つらいか?」

おまいら「(首を横に振るおまいら…)」

ケン「そうか…。(ここの住人達の目は家で多くの地獄を見てきたろうに…)」

ケン「こっちにおいで…。」

   …ピシン!

バット「あ、アンタ一体あいつらに何をしたんだ?」

ケン「小遣いを上げてもらえるおまじないさ。」


570 :素敵な旦那様:2005/04/24(日) 09:00:20
>>569
きかぬ! そのまじないはきかぬのだぁ〜〜!!


614 :素敵な旦那様:2005/05/07(土) 08:35:46
俺「我が家の食卓、家計をおびやかす貴様の食欲!!
  今 ダイエットする時が来たのだ!!
  嫁! 残りの皿はもらった!!」

嫁「そんなヤワな箸使いでは、この嫁のおかず一つ取ることはできぬわ!!」

615 :素敵な旦那様:2005/05/07(土) 08:47:48
>>614
息子「母ちゃん・・・よくも我が好物 エビの天麩羅を!!」

616 :素敵な旦那様:2005/05/07(土) 12:39:11
>>615
嫁「息子よ! その程度の執念では、この母の食欲を止めることは出来ぬ!!」

617 :素敵な旦那様:2005/05/07(土) 13:05:14
>>616
俺「よかろう ならばおかずを奪ってみせよう!
  この箸に我が生涯の全てを込めて!!」

618 :素敵な旦那様:2005/05/07(土) 14:12:27
食後

「我が茶碗に一片のご飯粒無し!」

619 :素敵な旦那様:2005/05/07(土) 15:11:20

北斗の食卓  〜  夕食覇道編  完


647 :素敵な旦那様:2005/05/22(日) 09:30:06
俺「フェラか挿入かどちらか選べい!」
嫁「どちらも選ばぬ。このまま嫁を眠らせてもらいたい!」
嫁「タダでとは言わぬ、みやげは渡そう!!」

つ【AV】


657 :素敵な旦那様:2005/06/03(金) 23:26:36
俺の彼女である女は今死んだ!
今よりここに居るのは親として生き続ける女!!

やっと子供できますた。無事に産まれて来て欲しい

658 :素敵な旦那様:2005/06/04(土) 00:52:40
ラオウ「よかろう、ならば祝ってみせよう。
    この「オメ」に我が生涯のすべてをこめて。」

ラオウ「ぬうぉぉ!天に感謝だオメデトウ!」

660 :素敵な旦那様:2005/06/04(土) 01:44:52
>>657
こんな時代だ、既婚男性の命は短い。
しかし嫁は子供を産み、そして物語を語り継ぐ。
哀れな夫の物語を!!

おめでd。無事生まれてくるといいな(´ー`)

670 :素敵な旦那様:2005/06/16(木) 23:30:03
>>657
貴様には祝福という言葉すら生ぬるい!!


697 :素敵な旦那様:2005/07/05(火) 23:58:24
嫁「ほらよ大事にしろよ…その小銭入れが今日からおまえの唯一の財産だ」
俺「こ…これは…」
嫁「夫よ! その小銭入れに小銭を満たして欲しくば、牛馬となって働くのだ!!」


744 :素敵な旦那様:2005/08/02(火) 09:23:07
嫁「・・・なぜ抵抗をせぬ?」
夫「抵抗は嫁の力を生みます。力は我々弱い夫から全ての小遣いを奪うでしょう。
  無抵抗こそ、我ら夫が身を守る唯一の武器なのです」
嫁「武器だと? ならばその武器で、おまえの少ない小遣いを守ってみせよ! 我の手から
  諭吉を救ってみせよ!」
夫「・・・・(愛想笑い)」
嫁「なぜ笑う? おまえは小遣いが惜しくないのか?」
夫「惜しいです・・・でも嫁の前では笑っていろと・・・全ての欲を捨てよと・・・」
嫁「旦那! 小遣いが欲しくば、私に食いついてでも抗え! 笑っていては
  うぬの小遣いは上がらぬわ!」


767 :素敵な旦那様:2005/08/09(火) 23:56:23
旦那の携帯電話を見ながら、
嫁「これが貴様がうつつを抜かした浮気相手か?私がこの電話に掛けたらどうなる?」
俺「そ、それだけわ!!」
嫁「虫けらの鳴き声は聞こえんなぁ〜〜」
プチッ、プルルルルル・・・プルルルルル・・・
俺「やめてとめて、やめてとめて、やめてとめて、やめてとめて、やめてとめて、」
ガチャ、
浮気相手「もしもし?」
俺「とめった!!!」


784 :素敵な旦那様:2005/08/20(土) 12:44:55
俺「お嫁様!!」
嫁「まだついてきてたのか」
俺「お…お願いでございます。なにとぞ旦那の願いを!!」
嫁「くどい!!!」
嫁「何を今更家計のためにパートで働かねばならん!!」
嫁「見ろ、この面白い昼ドラを!!嫁はこうやって毎日楽しく遊んで
  暮らす!自由気ままにな!!はははは!!!!」
俺「お嫁様…やはりあなた様はまだダイエット失敗のことを…」
嫁「…なにィ!?」
俺「どんなにお嫁様が無頼を装っても旦那の目には…体重の激増…そして
  数々のダイエットの失敗を忘れようとする哀しい行動にみえまする…」
嫁「ぬっ!!忘れい!!そのことを忘れねば旦那をこの場で叩き殺す!!」

786 :素敵な旦那様:2005/08/20(土) 14:37:44
嫁「嫁は家庭に縛られねぇ! 誰の命令も聞かねぇ!
  嫁は食いたいときに食い、飲みたいときに飲む!」
俺「お嫁様、また少しお太りになられたようですな」
嫁「・・・おまえいま、私のことをブタだと思っただろう?」
俺「めっ・・・めっそうもない、そんな・・・」
嫁「あたしは正直者が好きなんだよ、無理もねぇ、この体を見れば誰だって・・・
  なあ、少しはそう思ったんだろう。正直に言いな!」
俺「・・・ブタヤロウ!!」

・・・その後、夫の姿を見たものは誰も居ない。


まぁ…「愛ゆえに」ということでwww



posted by ひめたろう at 15:02 | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。