2005年08月11日

育児板・泣いた話 その3

629 名前: 栄悟 投稿日: 02/05/31 17:26 ID:y2nUBx7s
泣ける話ではないですが 俺が小学校1年生の時の話。

当時、学校の土曜日授業は午前中までだったので
お昼ゴハンは家で食べるのが常でした。
いつもの土曜日、元気よく俺が帰ると
土曜日は居るはずの母さんが居ませんでした。
どうやら出掛けたのでしょうか、俺はマンガを読んで待ってました。
ですが腹の虫は待ってくれません。
何か食べる物はないかと台所を漁りましたが、
なんせ1年生の俺は料理はてんでダメ。手軽に食べられる物もありませんでした。
次にお菓子棚を見ました。あいにくお菓子は品切れでガックリ状態。
唯一、ロールパンという一袋8コ入りのパンを発見。
俺はやったーと思いつつパンをパクッとひとかじり。
ところが乾燥してるというか何と言うか、とにかくマズかったので
ひとかじりで諦めました。
もう昼ゴハンはいいや、と思った俺は友達と遊ぶ約束をしてたので
時間が早いとは知りつつも外に飛び出していきました。
 
つづく

630 名前: 栄悟2 投稿日: 02/05/31 17:26 ID:y2nUBx7s
友達とひととおり遊んで夕方が近づいた頃
昼ゴハンを抜いたせいもあったのか腹の虫がグーグー鳴りっぱなしでした。
「あー お腹減ったなぁー」と晩ゴハンを期待しながら、
普通に「ただいまー!」っと家に入りました。
するとそこには目を赤く腫らし、号泣している母さんがいました。
俺を見るなり「ゴメンね〜」と抱きついてきました。
???の俺。 どうしたの?と隣にいる姉に聞くと以下のとおり。

母さんはパートをやっており土曜日は大抵休みか昼上がりなのですが
今日は大量の仕事を頼まれてしまい
ついお昼の時間を忘れて仕事に没頭してしまったのだそうです。
慌てて帰ると俺の姿は無く、残っているのはひとかじりした腐れかけのパン。
俺がどんなにお腹を空かせていたのか、
俺がどんなに寂しかったのかを思うと涙が止まらなくなってしまったそうです。
ふと見ると、テーブルの上にはのびきってスープなど無くなってしまったラーメン。
俺が戻ってきたら食べさせてあげようと急いで作ったそうです。
俺はそんな事全然気にしてなかったケド、何故か涙が出てきて、
「大丈夫だよ、お腹減ってないよ」と言いました。

ごめんなさい、もう1回つづく。
 
631 名前: 栄悟3 投稿日: 02/05/31 17:27 ID:y2nUBx7s
その日の夕飯はカレーでした。俺の大好物です。
その日、その日の夕飯の内容なんて覚えてないけど、
その時のカレーの味だけは今でもハッキリと覚えています。

母さんは俺が19才の時、今から8年前に他界しました。
あのカレーが食べれないと思うとチョット寂しいですが
母さんからもらった「優しさ」はいつまでも俺の中にあります。
そして俺も今年で2児のパパになります。
「優しさ」を子供たちも受け継いでくれればと思います。
とにかくガンバリます!

長々とすいませんでした。


654 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/06/04 09:51 ID:y/KEupBE
先日、出産シーンのTVを見て感動してしまって泣いてしまいました。
2歳の娘と9ヶ月の息子の出産時を思い出し自分の出産とオーバーラップ
してしまって・・・。
ポロポロ泣いてる私に娘は
「母ちゃん?どうしたん?泣いてるの?ティッシュ持ってきたるわ〜」
と言ってティッシュを探して持ってきてくれ、
「○○(娘の名前)が母ちゃんの涙拭いたるわな。」
と言って何度も拭いてくれ、「ありがとう」と言うと
「もう泣いてない?」と言うので「もう大丈夫よ〜」と言うと
「ほんまに??良かった〜」と言いながら今度は娘が泣き出しました。
「どうしたの??」と聞くと
「母ちゃん泣くと○○も悲しいねん〜」と・・・。
涙拭くまで娘は泣く事を我慢しながら私の涙を拭いてくれたんだ・・・。
と思うといたたまれなくてまた涙。(w
そしたら今度は今までずりばいで遊んでた息子が傍にきて私を見て大泣き・・・。
その日は3人で思い切り泣きました・・・。
近所迷惑だっただろうな・・・。(w


727 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/06/15 13:15 ID:WpJz5/dB
うちの近所には、有名な仲が悪い嫁姑一家が住んでいた。
気が強いババアとそれに負けない嫁。
お互いに文句をポンポン言い合うような嫁姑だった。
ある日、とうとう姑が、病に倒れた。
姑は、「あんたには世話にならんよ!あっち行け!」
嫁は、「はいはい、うるさいよ。黙って、言うこと聞いてりゃいいんだよ。」
でもね、そんな姑の事(好みや性格、身体の具合)を一番理解してるのは、嫁。
近所では、アノ嫁さんじゃなきゃ、やってられないね。(by嫁連合)
まったく、きつい嫁だよ。あれじゃ、○○さん(ババ)が可愛そうだ。(by姑連合)

そんなこと言いながら、嫁は一生懸命に介護をしたの。

とうとう、姑が亡くなって、一通の手紙が出てきた。
「○○(嫁の夫=息子)へ、△△(嫁)を大事にするんだよ。
 私は、多分、もうダメだろうから。あんまり働き過ぎないように、言ってくれ。
 くれぐれも身体を大事にするように。
 あんなにケンカが出来たのは、嬉しかったよ。
 あんなに、出来た嫁をもらったお前は幸せものだよ。
 △△がお前を選んでくれた事は、私の育て方が間違っていなかった証拠だよ。
 ババ孝行してくれた△△へ。ありがとう。」
その嫁さんは、私に手紙を見せてくれながら、涙をにじませていたよ。
義母と嫁、同居50年、親子以上の何かが生まれていたのかもね。

子育てとはちょっと違うからSAGE


780 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/07/17 14:18 ID:FRFFewLr
五歳の娘と公園へ行く。たまたま誰もお友達がいなかった。
「貸切だぁ」と張り切って遊び始める娘。
鉄棒も、ぶらんこも、もうお手の物。ここは彼女の王国。

遊びに夢中な彼女は、すっかり私のことなど忘れてるように見える。
もう、いちいち私の存在を確かめない。
何かひとつできるたびに、
「どう?」「みてみてママ?」と得意げに振り返ったりもしない。

大きくなったんだね。
私はどうかな。ちゃんと、大きいお母さんになれてるかな。
少し不安になって、ふとこっちから手を振ってみた。

笑顔で手を振り返す娘。もう一度振ってみる。また返してくれる娘。
何度でも、大きく手を振って返してくれる娘。

ありがとう。
これからは、私が手を振り続ける番になるのかもしれないね。


806 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/08/01 15:52 ID:BObK4OjB
昼ドラを見ていて、今週から主役が子役(少年&少女)から大人に変わった。
そして、その少女の父親役の俳優が、年をとった感じを出す為だろう、
髭を生やし白髪も生やしていた。

5歳の息子が、前まで出ていた子役の子が大人になったのかと聞く。
私「そうだよ」
息子「このお父さんは、なんでおじいちゃんになってるの?」
私「う〜ん、子供が大きくなったから、
  お父さん・お母さんもやっぱり大きくなって
  おじいちゃんや、おばあちゃんになるんだよ」(わかりにくいけど)
息子「ふ〜ん、パパ(旦那)も、お母さん(私)も、
  僕が大きくなったらおじいちゃん・おばあちゃんになる?」(真剣)
私「なるよ〜」(軽く答えた)

ふと息子の目を見ると、ジワジワと赤くなって涙が溜まっていた。
息子「お母さんは、おばあちゃんになっちゃだめだよ」
ポツリと震える声で言う息子。

わかった、おばあちゃんにならないように頑張るよと、
私まで涙ぐんで、ぎゅ〜っと抱きしめました。
小さいながらに、老いるという事を考え始めたんだね>息子


830 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/08/11 01:53 ID:RJkLuNU5
娘が3歳半なんだけど、今日初めて
トイレでうんちができたのね。
泣いておむつ履きたがってたのを
トイレに座らせしらんふりしてたの。
片手におむつ、もう片方の手にはナゼか水ヨーヨー(w
何回かトイレを出たりはいったりしてたんだけど
洗濯物干ししてたら「おかあしゃん!!うんちでたああああ!」
ホントかよ・・・と思いつつ便器を見たら元気なうんちが!
思いっきり誉めてやったらすんごい笑顔で満足気。
仕事中のパパにも電話で報告したら やっぱり誉めてくれたらしく
「もうおトイレでうんちできるんだ〜おねえちゃんなんだ〜♪」なんて独り言。

暑くてイライラしちゃって八つ当たりしてごめんね。

それと、あたしがパパとケンカして泣いてるときに
「おかあしゃん、さびしいの?あたちがおてて繋いであげるからね
 寂しくないでしょ?」と手を「ぎゅぅ」っとしてくれた。

お母さん,思い出したよ。
貴女が生まれたらいっぱい笑ってあげようって決めてたんだ。
「にこにこおかあしゃんがシュキ〜(^-^)」って良く言うのは
おなかの中でそれが通じてたからかな。


836 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/08/14 00:37 ID:LBtd8746
先日、ダンナとささいな事でケンカになってしまいました。
お互いにかなりヒートアップしてしまい、
すごい勢いでののしり、子供の前で大泣きしてしまいました。

私がタオルで泣き顔を見られないようにしていると
娘 「ママどうしたの?(困った顔で)」
私 「ママねーちょっとお目々が痛いの・・・。」
娘 「じゃあばんそうこう買ってくるね。待ってて」
私 「?」
救急箱から、娘が一番大事にしているキティーちゃんの
絆創膏を持ってきてくれました。
慣れない手つきで絆創膏の紙をはがし、
「ママの涙止まるかな〜。止まってほしいな〜」
といいながら私の目の下にはってくれた娘。

私の心にも絆創膏をはってくれた娘。ありがとう。
子供の前でケンカはやめなきゃな・・・・。


843 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/08/17 03:15 ID:aBnuCoUy
2人目の妊娠初期、風邪をこじらせて咳が酷く、
夜寝れない日が続きました。
幼稚園の七夕の日、
3歳の娘が先生に書いてもらった短冊をみると、
「おかあさんがはやくよくなりますように」
と書いてあり泣いてしまいました・・
他の子はみんな、「アンパンマンになりたい」とかだったのに、
ありがとう、娘よ。
頑張ってあなたのきょうだいを産むからね。


849 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/08/21 07:15 ID:vJoKY3Hv
夏休みで子供とベッタリの生活にイライラしてるときにココを見つけました。
もぅ涙・涙で、気分がかなり落ち着いた。
加えて、自分がなんて小さな事で怒ってばかりいたのかを恥じた。
5年前不妊治療の末、ようやく出来た子供なのに・・・。
いつもおどけてばかりで、ふざけすぎると怒ることも度々あった。
実母の前でもガミガミ怒ってたら、母が「この子はあんたが笑ってると
本当に嬉しそうな顔をする。もぅあんまり怒らないで」と言った。
そうか・・・気がつかなくてゴメンね。お母さんを笑わそうとしてたんだね。
お母さんにとっては、たった一人の大事な大事な子供なのに・・・。
3年前、長年患った病気の手術でもう子供が産めなくなってしまったんだけど
その決心をしたのは「このまま病気をかかえてると、この子の面倒を見られない」から
だったんだ。
その事は子供には重いし言うつもりもないけれど、お母さんが忘れてはいけない事だよね。
ゴメンね。昨日も泣いていたら遊んでいた手を止めて、涙を拭いてくれたよね。
そしてなぜかふきんを濡らして頭に乗せてくれたね。(笑)
お母さんは、いっぱいいっぱい、あなたに色んな事を教わってたね。
気が付かなくて本当にゴメンね。お母さんの宝物なのに。


867 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/09/04 21:59 ID:IY7GSXiz
我が家は4歳と2歳の男の子ふたり。
弟は自閉症で、週に数回通所施設を利用している。
今日の夕方、兄弟で社宅の公園で遊んでいたら、小学生くらいの子が
「お前の弟、○○園に行ってんだろ。あそこはバカが行くようちえんだって
ママが言ってた。超恥ずかしいのー」とからかった。
私は一瞬頭の中が真っ白になったけど、上の子は涼しい顔で、
「はずかしいっていうのはね、小さい子をいじめたり、ごはんをそまつにしたり
うそをついたりすることなの。○○園でがんばるのは、はずかしくないの」
と返した。

ゴメン。母は泣きそうになった。
ずっと仲良し兄弟でいてね。


883 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/09/07 09:49 ID:EKDBmqAC
育児とはチョト関係ないかもしれないけど、、、、、、
私の母が去年他界しました。

昔から働きづめでおばあちゃんに育てられたような私。
幼稚園や学校での母親と一緒の行事に、お母さんの姿はなかった。

私の結婚が決まった頃、母は定年をむかえていた。

「あんたには、寂しい思いをさせとったし、あんたの孫はよう可愛がって
やりたいわ。おばあちゃん子にしてやるわ。」

しかし、そんな母の期待をよそに、なかなか妊娠出来ずに病院に通う日々が
5年続いた。丁度その頃、母が持病で通っていた病院から電話が入った。

「先日定期検診したのですが、、、胃の方にガンが見受けられます。」
すぐに手術をしたが医者の判断はあと半年という事だった。

「私もしかしてガン?」

母の問いかけに「そんな訳ないやん」と、必死に笑って答えた。
病院の帰りの車の中でいつも、大泣きしながら帰った。

そんな中、私が妊娠しているのがわかった。
母も、偉く喜んで、医者も驚くほど元気になった。

お腹が8ヶ月になったその日に、母は息を引きとっった。

あともう少し、あともう少しで「おばあちゃん」になれたのに、、、、、

病院で、母の荷物を整理していると、机の引き出しの奥からちっちゃな白い
毛糸の帽子と、作りかけのアフガンが出てきた。
裁縫が得意でない母、きっと何度も何度も編みなおしたであろうちぢれた糸が
たくさん出てきた。私はそれを握り締めて、嗚咽が出るほど泣いてしまった。

その時の子がもうすぐ一歳。帽子ももうちっちゃくなったよ、おばあちゃん。


960 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/10/09 22:04 ID:Zd8TzqaJ
今日テレでやってた中居と鶴瓶が司会の番組見た?
アメリカのガンに冒された8歳の息子を励ます為に
母親が「秘密の友達」として手紙を書くの。
毎日毎日・・・
半年の命と宣告された息子は
手紙に励まされて3年以上生きていたんだって。

母親が「秘密の友達」として手紙を書き始めて間もない頃
息子が「ママ、これ『秘密の友達』に出しておいて」と
母親に手紙を渡した。母親がドキドキしながらコッソリ手紙を読むと
楽しかったクリスマスの思い出が書いてあって最後に
「これからももっと手紙のやり取りをしたいね、ママ」って
書いてあったんだって。号泣

でもその後死ぬまで2人ともこのことは一切口にせず
今までどおり「秘密の友達」として手紙のやり取りをしていたんだって。

母親は今全米のガンと闘う子供たちのために
「秘密の友達」として手紙を書いて励ましているんだそうだ。


posted by ひめたろう at 09:55 | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。