2005年08月09日

育児板・泣いた話 その1

#よそ様で何度も取り上げられてるかとは思うのですが、外したくない…。
#(今週は金曜まで「泣いた話」の予定です)。


3 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/02/01 10:07 ID:EXUsTKkO
下の子を叱っていた時、
上の子が、「本当はいい子なのよ。だから叱らないデー。」
と泣き付いてきた。
思わず上の子を抱いて泣いてしまったよ。


6 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/02/05 17:36 ID:5Fy7KYeU
数が数えられるようになった息子。
「おかあさんとはいくつになったらばいばいなの?」
「100くらいかなあ」
「ばいばいやだ〜」→抱きつき


11 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/02/05 18:22 ID:KyT2k3Fi
だいぶ前だが、娘(当時8ヶ月)をひざに乗せてあやしていた。
ごきげんで、顔をのぞきこむとキャッキャッ笑って可愛かった。
もっと笑わせようと変な顔して「あばばああっ」とか言ったら
手足を振りまわして喜んで笑った。
その手が私の目にあたって、コンタクトが飛んだ。
それっきり探しても探しても見つからなかった。
泣いた。


16 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/02/06 20:16 ID:It8vB3uU
長男が2歳前・長女が6ヶ月くらいの時。
公民館で託児つきの講習会があったので、参加しました。
5回くらいあって、最終日に預けてた子供たちを講習室へ、託児係の人が
つれてきてくれました。
で、下の子は寝たきりだから、無理なので長男を探したけどいない。

託児の人が、「一人、妹のそばにいるって来ないのよ」と言ってるのを聞いて、
まさか…
託児室へ行くと、やっぱり長男。
そういえば、いつもは言わないんだけどこの日に限って、「母さんの代わりに頼むね」
と、何気なく言ってたことを思い出しました。
まだ、2歳かそこらの物心つかない子が。
他の子は下の子がいようとお母さん会いたさに来てたのに、言いつけ守って
我慢してたのねと思うと、涙が溢れました。


18 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/02/06 20:24 ID:axhWyS7l
私が病気で入院したときのこと。数日だけ臨時で保育園に預けたのだけど
旦那が仕事帰りに迎えに行くと子供二人が門の近くでじっと外を眺め待っていたと。
保育士さんが部屋に入ろうといっても聞かず、旦那が近寄ると下の子は泣きつかれ
ぐったりしてたって。あれから1年になるけど
いまだに病院の前の通るともう、入院しちゃだめって言われます。ごめんね


27 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/02/09 22:57 ID:u+89o1uu
3歳になるちょっと前の話。
2ちゃんのみすぎで睡眠不足。子供が一人遊びに夢中なのをいいことに
うとうとしていると、なんだかごそごそと押入れをさぐっている娘。
またなんか引っ張り出してるなーとおもいつつ頭はボーっとしてました。
すると押入れから自分のお昼寝用毛布を引っ張り出してきて、私にかけると
となりで添い寝して背中をとんとんたたいてくれました。
感激してウルウルきちゃいましたよ。
こんなママでごめんねー。優しい子に育ってくれてうれしいよ。


33 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/02/18 04:03 ID:Qsk7Fs/a
娘が2歳半の時。持病の為半年に1回の割合で1週間程入院していた。
病院は完全介護だった為面会時間は1日3時間程だった。
夕食を食べさせて面会時間が終わると今日も一人置いていかれる事を察した子供は
大泣きする。次の日には完全に声が潰れてしまう位。
それを見て必ず泣いてしまう妻に「お前が泣いてどうするんだ!」
と一喝するのが日課になっていた。そんなある日、帰る時間になると娘が
一言「また明日ね。」と言ってタオルケットを頭からスッポリ被って横になった。
胸が潰れそうになりながらも病棟の廊下を歩いていると、後ろから
「待ってる。明日待ってるから。」とベッドの柵につかまりながら
それでも泣かずに見送ってくれる娘を見た時は我慢できずに泣きました。


37 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/02/20 00:37 ID:/qQCkfoC
長男がまだ1歳の頃のこと。
我が家では家族で車ででかける時は荷物を積んでから
最後に長男を乗せて出発していた。

ある日、長男をパパの実家に預けて
パパとふたりでライブに出かけた。
子ども連れじゃないのでいつものマザーズバッグは置いて行った。
久々のデートを楽しんで帰って来たら姑が
「○○ちゃん、ママのバッグ抱えて
 ずっと玄関でパパとママが迎えに来てくれるの待ってたのよ。
 それでそのまま寝ちゃった」

なかなか戻ってこない私達をどんな思いで待ってたのかと思うと
「子連れじゃないと楽だね」なんて言ってた自分が嫌になった。
長男に申し訳なくて涙がでた。


39 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/02/20 11:31 ID:j7sZW8OC
なかなか字を書こうとしない息子(4歳)に字を教えていて、何回教えても
間違うため「いいかげんに真面目にやりなさいよ!」と叱ったら
普段見たことも無い様な顔をして、肩を震わせながら

「できないの…難しいの…お手伝いして、ママ…」

と、口元をギュッと結んでいるのを見た時、「何でこんな事でこんなに怒って
いるんだろう」と後悔して涙が出てきました。
「ごめんね、ごめんね、怒ってごめんね」と謝るとボロボロ泣きながら抱き着いて
きたので、2人で泣いちゃいました。子供の前で泣いたのはこの時はじめてです。


41 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/02/20 19:21 ID:x4bYtExj
下の子生まれて入院中、
上の子(当時1歳8ヶ月)を実家に預けていた。
当時上の子は言葉が遅くて心配だったの。
ある日上の子が私の洋服をギュッと抱きしめて
「あー・・ママだぁ・・ママだぁ・・ママぁ・・」って
言ったんだって。それを見て私の母が泣いてしまったらしい。


55 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/02/22 12:12 ID:5VeW49XE
妊娠中、マタニティーブルーになった。
そんなある日、スーパーに旦那と買い物に行って
入り口の座れるとこに座って旦那が買い物してくれるのを待ってた。
(店が混んでたので)
隣りにいたおばちゃんが
「旦那さん待ってるの?優しい旦那さんでいいわねえ、赤ちゃんも産まれるし
これからいいことばっかりねえ」
と話しかけられて、なんかダーッと泣けてしまった。
そうだよ、幸せなハズなんだよ今の私は。なのになんでこんな鬱鬱してるんだよ。
とかいろいろ考えちゃってさ。
あの時のおばちゃん、びっくりさせてしまってゴメン。
ほんと情緒不安定だったのよ私。


69 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/09 21:28 ID:OaUxtUuz
私の両親は自営業。
いつも店で仕事をしていてあんまり遊んでもらえなかった。
子供の頃は解ってはいたけどちょっとさみしかった。
そんな私が子供を産んだ。
母は1日しかない休みの日に
毎週私を手伝いに来てくれる。
「大変だろうからいいよ」と言うと、
「いいの。私はあんた(私の事)に責任がある。親だから。
孫はどうでもいい。
子供に対して責任があるの。
あんたも自分の子供に責任があるんだよ」と言われた。
母の愛ってこういうものかと感じ、
自分も親なんだ・・・とちょっと泣いた。



70 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/09 21:43 ID:LCZkRehF
>69
うちの母も煮たような事言ってました。
産後の手伝いをするのは、孫がかわいいんんじゃなくて、
お前(私)がかわいいからしてるんだって。
わかっている事でも、口に出して言ってもらうと嬉しい。
おかあさん^^



81 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/11 15:56 ID:FFHgY3oR
子供の入院関係の話なんですが。

うちの子は1歳半の時に、ある手術をしました。
そのオペ出しの時、
普通ならストレッチャーに乗せて行くんだけど
まだ小さいので私が抱いて手術室の前まで行きました。
そして手術室の看護婦さんに渡そうとすると
何かを察しているのか、しがみついてきました。
それでも看護婦さんに抱かれて手術室に入っていく息子。
閉まる自動ドアから「抱っこして」のポーズの
息子をただ見つめていました。
立っていられなかった。


84 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/11 16:16 ID:zL5oEvyE
初めてのあかちゃんに無我夢中だった。
ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。
へとへとに疲れはてて、抱っこでゆすりながら
「あんたはママを苦しめたいの?ほんとにひどい子だ」と
悪態をついた日々。
赤ん坊の気持ちなんて、全然わからない。
母親の自信なんて、みじんもない。ただ、もがくだけの日々。

あれから数年たって、娘は五歳になった。
「あのね、ママ」(もじもじ)
「なぁに」

「あたしね、ママのこと、生まれたときからすきだったの」

あの頃の私が一番聞きたかった言葉。
やっと聞けた。こっそり台所で泣いた。


94 名前: @@@ 投稿日: 02/03/11 18:42 ID:UYykXIel
看護婦をしていたときの話
その子は先天性の心臓の疾患で何回目かの大手術をすることに
なったんだけど「ウルトラマンと一緒じゃないと頑張れない・・」と
だだをこね始めて、お母さんからのお願いもあり話し合いの結果
ウルトラマンも一緒に消毒して手術室に向かいました。
手術は成功。

おちゃめな主治医はその子が麻酔から覚める前にウルトラマンにも
細い包帯を巻いてウルトラマンも手術したことにしておきました。
ことあるごとに「ウルトラマンも頑張ってるからね!」と励まし
抜糸もウルトラマンと一緒。その後元気に退院していきました。
また成長したら手術になるけどきっと頑張れるはず!

たった20センチくらいのビニールの人形でもその子にとっては
一緒に頑張れる大切なヒーローだったんだなって思いました。

ちょっとスレからずれてるのでサゲ


102 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/12 00:53 ID:yIu+3J+v
上の子は、ちょっと言葉が遅くて、2歳すぎても「お父さん」が
言えなかった。「お母さん」はしょっちゅう言っていたけれど
夫は「早くお父さんって言ってくれないかなぁ」とやきもきしていた。
一生懸命教え込んでいたけれど、なかなか言おうとしない。

でも、本当は言葉が遅いよりも、先天性の心疾患のほうがずっと心配だった。
最後の手術は2歳ちょっとの時で、入院先では親は病室には入ることはできなかった。
毎日窓ガラス越しに子供をあやしていたけれど、お互いの声は聞こえない。

子供は4度目の手術の翌日逝ってしまった。

「とうとうお父さんって言ってくれなかったなあ」って
泣いていた私たち夫婦に、看護婦さんがけげんそうに

「お子さん、パパを見て、いつも『おとうさん、おとうさん』って言っていましたよ?
おうちでは言ってなかったんですか?」

と尋ねた。信じられなくて、看護婦さんにいろいろ聞いてみたら
夫が来るたびに子供はわりとはっきりとした発音でガラス越しに
「お父さん」と呼びかけていたそうだ。

なんだか少しだけ救われたような気がした。


120 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/13 01:55 ID:guQAWbP6
私が元旦那の精神的暴力に耐えられずに離婚した時。
細かい事情をはなさなかったので父や母は
「また我が儘ばかり言って」
「だからお前は・・・」と私を責めていた。
そんな両親に娘(小2)は、陰で
「ママはいつもパパに怒られて泣いていたんだ」って、一生懸命代弁してくれていた。

冷え切った夫婦関係を子供たちに悟られないように、と布団を被り、声を押し殺して
泣いていた筈なのに、眠っていると思っていた子供は知っていた。

寂しく、辛い思いをさせてしまったかと思うと涙が出てきた。
ゴメン。あなたはいつもママの事を見ていてくれたんだね。


164 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/16 12:04 ID:1KvjrXJe
先日、朝子供を2人(兄、妹)を保育園に送っていった時のことです
保母さんに妹(1才半)を渡してだっこしてもらった時に

保母さんが「○○ちゃん可愛いね、先生もらっちゃおうかな」

とふざけて言ったら

兄(3才半)が、泣きわめいて妹を取り返そうとしていました
先生もビックリして謝っていました

いつもケンカばかりしている2人ですが、
こんなにも妹のことを思ってくれてると考えたら
ちょっとホロッときました


173 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/16 17:03 ID:w8yS7YQF
子供が一万円札をビリビリに破き、窓から降らせてしまいました。
ある意味、泣ける話なので・・・しくしく・・・

174 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/16 17:12 ID:6Yvbo9JK
>173
泣けたよ!!

175 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/16 17:23 ID:AQ5jyVyZ
173
大いに泣けたよ!!

176 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/16 17:38 ID:9TNqMRJM
>173
な、泣ける〜。
せめて千円札だったら・・・・


197 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/18 08:07 ID:Cp3EUDrg
>194
これだよ。
コピペしながら読んでたら、また涙出ちゃった。

330 名前:大人の名無しさん 投稿日:02/03/03 19:14 ID:nZeS7Dhi
大亀レスですが、
>>163さんのお気持ちがよくわかります。
私はもう三年ほどまえに、やはり息子を亡くしました。
9歳でしたが、半年間に及ぶ闘病生活のあと天に召されました。

息子は当時大流行していたポケモンの大ファンで、
夏に公開される映画を楽しみにしていました。
先生に言われてましたし、私達もおそらく夏までは、
もたないと覚悟していましたが、日に日に目に見えて衰弱していく息子は、
それでもテレビで映画の予告編を観ては、コロコロコミックの特集を読んでは、
楽しみにしているのが、健気でした。

7月に入って、病状は末期になって来ました。
もはや起きることもできず、呼吸器をつけたままの息子が、

「ルギア爆誕観たいなあ、観られたらもう思い残すことないや。」

と言ったときはさすがにこたえました。
9歳です、9歳の子供が死を見つめて言った言葉です。
それからすぐに息子は昏睡に入り、そのまま世を去りました。

私は妻と一緒に、公開の日に位牌を持って映画館へ行きました。
不吉な予感を告げる嵐の中、滑空して主人公を助けにいくヨット、
憎らしい、ポケモンコレクターの男の飛行船、
深海に鋭く光る瞳、そして巨大な渦巻きがわきあがると、
客席にあちこちから「ルギアだ!」「ルギアが出てくる!」と子供たちの声が
聞こえてきました。

当時すでに30を過ぎていた私ですが、一切アラ探しすることなく
子供の目でスクリーンに展開する冒険活劇を観て、
小声で「こりゃあ観たかっただろうなあ・・。」と何気なくつぶやいた瞬間、
私は本当に泣き出してしまいました。嗚咽なんてもんじゃありません、慟哭です。
「観たかったよね、すごいシーンだもんね。」と妻も泣いていました。

映画の最後で、世界を救った主人公を背中に乗せてルギアが空を飛ぶのを観て
「俺の息子をそこに乗せてくれ!」と本気で思いました。
その心理をうまく説明できませんが、>>163さんの「名前を呼んで答えてくれ。」
というのが、すごくよくわかります。

どうか元気を出して下さい。


200 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/18 09:02 ID:tKHx/D76
長いんだけど
絶対泣けるから是非読んで。
プチタンファンの「読んでくれてありがとう」という本より。
長いので適当に中略して書きます。

4歳、2歳、生後三ヶ月の3人の子供の母です。(中略)
私は自宅で添削の仕事をしており、いつもいつも時間に追いまくられ
ストレスは溜まる一方でした。
主人には「早く帰ってきてよ!」と文句をいい、子供にも当たって
しまったりしました。でも、休みになれば主人も子供の相手をしてくれ
家族で出かけることも多く、平凡ですが小さな幸せは続いていたのです。
けれど、その平凡な日々が幸せだったと気付いた今、
それは刻々と終りに近づいているのです。私はストレスからくる
体調不良が一年前から続いていました。多忙なため、病院に行くのを
延ばしているうち、3人目の妊娠がわかり、産後一ヶ月健診のついでに
消化器科を訪れたのが最初の受診でした。
病院中あちこち検査にまわされ、案の定、即入院・手術と言う事に
なりました。(中略)
そして手術。恐くはありませんでした。だってつらいお産を3回も
経験してきたんですから。(中略)
手術は胃の摘出で4時間ほどの予定でした。ところが実際には
2時間ほどで終わってしまったのです。何故か。
それは切除不可能だったからです。開腹してみるとすでに
手の施しようが無いほどガンが進行していたのです。

手術前主人は「後数ヶ月の命だろう」と宣告されていたそうですが
手術後には「もう時間が無い」そうキッパリと言われたというのです。


201 名前: 200 投稿日: 02/03/18 09:10 ID:tKHx/D76
手術後、病名の告知を希望していた私に真実が告げられました。
「スキルス胃癌」あの逸見政孝さんと同じ病気だったのです。
つい2ヶ月前は同じ病院の産科病棟で幸せに浸っていたのに
突然絶望の底に突き落とされたのです。(中略)

今、私は入院しています。手術から2週間経ち、心の整理は出来ています。
何故か死ぬ事は恐くありません。
ただ、幼い子ども達を残していく事だけがつらいのです。(中略)
子供達のかたわらにはいつも私と主人がいたのです。
なのに、突然私だけがいなくなってしまったら・・。
母親のいない子供、といわれるのは不憫です。子供達は幼すぎて
私の死を理解できないでしょう。
でも保育園で、母の日にお母さんの絵を描く時、
遠足にお弁当を持っていくとき・・・。
これから先、母親を恋しいと思う瞬間が必ずくると思うのです。
泣いても、叫んでも、もう自分の側に母親が戻ってくる事はないのだ、と
子ども達が気づく時、その幼い心はどんなに痛むでしょう。(中略)
なくしかけて分かったのです。育児は戦争です。
イライラして子供に当たる事があっても、それは仕方のない事。
完璧な母親を目指す必要はないのです。
子供にとって一番うれしいのは母親がいつも元気で、
必要な時にはいつもそばにいてくれることです。
いいえ、極端に言えば生きていてくれさえすれば、
十分なのではないでしょうか。(中略)
皆さん、怒ったり、泣いたり、笑ったり、
子供達と一緒に命いっぱい生きてください。
そして誰よりも自分の健康には気をつけて。(後略)

子ども達に心を残して
33歳と2ヶ月の短い生涯を閉じた彼女に合掌。


202 名前: 200 投稿日: 02/03/18 09:21 ID:tKHx/D76
その後、彼女のお母さんから編集部に届いた手紙

(前略)
早すぎた娘の死と、残された幼い孫たちのことを思い
そしてまた、娘の無念さを思い、何度涙した事でしょう。
娘は決して、つらいとも痛いとも言いませんでした。(中略)

生後2ヶ月で預かった次男も1歳4ヶ月になり、
保育園に入る事になりました。お兄ちゃんやお姉ちゃんのいる
お父さんの家に帰りました。少し寂しくなりました。
子供達3人に宛てた日記帳がありました。
大きくなって読めるようになったらお父さんが渡してくれるでしょう。
ある日の娘のつぶやき
○3人の子供達は私の生きた証。3人をばらばらにしないでネ。
○病気になったのが私でよかった。
 夫だったら、私が狂っちゃう(誰がなっても困るのです)。
○この世からあの世が見えないけど、あの世からこの世が見えるかもね。
○三途の川で私を待っているのは誰かな?プチ(小学生の頃飼ってた犬) 
 かもね。
○自分でも不思議なくらい、死を怖いと思わない。ただ、子供達の
 事を思うとつらいナ・・。でも、もう考えない事にした。
 どうにもならない事だし、親がなくとも子は育つ、だものね。

(中略)私は娘に時々問うのです。
「あの世からこの世が見えますか?心残りだった子ども達が、
日々成長していく姿が見えますか?」と・・。

若いお母さま、子供は宝です。あせることなく気を大きく持って
明るく過ごしてください。


220 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/19 11:19 ID:z3ajBxiS
私は病気をもって産まれて母親に心配をかけていた。
今でも腹を割って話すと私が病気をもって産まれたのは
自分の責任ではないかと悔やんでいるそう・・・。
そんなに悔やむ事はない、私は産まれてきて幸せだ
と言う事をいくら言っても、悔やむそうです。
私の父親は仕事人間。私が産まれた時には自分で会社を
設立し一番忙しい時だったらしい。
そのせいもあって、私より仕事を優先していたと
つい最近まで思っていました。しかしつい最近父親が
酔った時にこうこぼした。
「お前が産まれた時なぁ、お前が死ぬんじゃないかと思って
 せっかく取った仕事をふいにして病院に2時間もかけて行ったよ。
 お客さん怒ってたなぁ〜あはははは〜結局仕事も手に着かず
 最悪の滑り出しの会社だったよなぁ〜けどお前が無事でよかった。」
父親、泣き上戸ではないのにこの日は泣いてました。私も泣きました。
母親、トイレに行って泣いてました。
父親の年収も追い越し父親よりでかい家に住み、父親より良い車に乗り
その話を聞くまでは父親を追い越した気分でいた自分が恥ずかしい。
両親にはかなわねぇなぁ・・・と思った21歳でした。
仕事人間な父親が嫌いだったけど自分も今は仕事人間になってる。血筋だなぁ。
いつか一緒に暮らして楽させてやりたいな・・・。
あんまり感動しないけど我が家で起こった感動した出来事でした。


237 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/20 23:40 ID:AQ/XREn9
子供が3歳の頃、風邪を引いて寝込んじゃって
保育園に連れて行くことさえ出来なくて
旦那は私に風邪薬を飲ませた後、子供と私を残して仕事へ。

私は子供を送っていかなくちゃ…せめて保育園に電話しなくちゃと思いながら
気が遠くなって、そのまま眠ってしまったようです。

気が付くともう昼前でした。
少しはっきりしてきた意識の中で見えたのは
ベッドの上で掃除機のジョイント(筒の部分)を口に当てて私に向け
その後外に向けるという動きを繰り返す息子の姿でした。

何をしてるのかとたずねると
「こうやってな(筒を私に向ける)風邪を吸うて
 こうやってな(筒を外に向ける)風邪を外に出しよるんよ。
 母さん元気になった?」

ほろりと来ちゃいました。


posted by ひめたろう at 10:52 | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。