2005年07月29日

あぁ結婚してよかったなぁと思った瞬間2

@既婚男性板

41 :素敵な旦那様:05/03/04 23:13:54
毎日弁当を作ってくれる。
子供が産まれて1年は流石に作ってもらえなかったが最近復活し、
より一層の喜びを噛み締める昼休みである。

喉が痛いと言ってたら弁当袋から喉飴が転がりでてくるし
午後一で会議だというと眠くならない弁当になってる。
(炭水化物が少量で、たんぱく質と繊維が多めだと、眠くならないらしい)
バレンタインの弁当は卵焼きがハート型でした。

こいつと結婚できて俺は幸せだなあと思う。
んで、こいつを幸せにしてやりたいなぁと思う。
そういう時、ほんと、結婚してよかったと思います。


42 :素敵な旦那様:05/03/04 23:28:42
>>41
もう退職しちゃった会社の上司だった人に、愛妻弁当で幸せ感じてた人いたよ。
その人、お弁当の絵を書いたお弁当日記を毎日毎日つけてた。退職したら妻に見せるんだって言ってた。
本当に羨ましかったよ。もれの妻は息子の幼稚園の弁当を作るのがイヤというそれだけの理由で、
給食のある隣の市の幼稚園に子供を入園させた。もれの昼飯は毎日ラーメンだよ。


56 :素敵な旦那様:05/03/07 11:39:23
今、子供が産まれて2ヶ月なんだが、今回は出産前の話。 嫁さんがサンドイッチ作ってくれて、
近くの海沿いの公園に出かけた。 サンドイッチ食べ終わってマッタリ話して、さぁ一服と嫁さんから
離れて海見ながらボンヤリ考えた。 特に金持ちではないが両親は愛情一杯に育ててくれ、
稼ぎも少なく、大した取柄も無い自分だけど嫁さんがいて、自分の息子が産まれてくる・・。
そう思うと何だか幸せだなぁと思って、海見ながら泣けてきたよ。


73 :素敵な旦那様:05/03/09 09:26:07
長文ですまん。
一段落したので書く。
親父がガンなのが発覚した。それも手遅れで、手術しても意味がなく、
状態が進みすぎてて、強い抗癌剤も使えなかった。
嫁さんが、病気発覚から全部仕切ってくれた。
宣告されて、俺も親父もお袋もボーゼンとしている中、しっかりとあれこれ
やってくれたのは嫁さんだった。
俺には「あんたは見送る時間があるだけ、幸せと思え。あんたがしっかりせんでどうする」と
何度も激を飛ばしてくれたのに、急に目の前にわいて出た「代替わり」と「親父の死」に
正直何をどうしていいか分からなかった。
嫁さんの父親は、嫁さんが生後3ヶ月の時に貰い事故で亡くなっていた。
毎日病院に来て背中さすったり、体のあちこちを揉んで世話を焼いてくれる
嫁さんを見て、病院の人に「お嬢さんですか?」と聞かれ、嫁さんも親父も
笑顔で「はい」と言っていた。
親父の意識がない時、ずっと手を握って話し掛けてたのも嫁さんだった。
俺はオロオロするだけ、お袋はただボーゼンとするだけだった。
親父がとうとう逝っちまった時、泣き崩れる母親と、再びオロオロボーゼンとしている
俺に檄を飛ばしつつ、全ての仕切りをやってくれたのも嫁さんだった。
通夜の時、線香の番をするからちょっと息を抜いておいで、という嫁さんの
言葉に甘えて外に出て、ちょっとして戻ったら嫁さんは涙をボロボロこぼしながら、
親父の棺に話し掛けていた。
でも、告別式のときに喪服をピシッと着付けてしゃんと嫁さんは立っていた。
お袋は着物の着付けすらできる状態じゃなくて、嫁さんが着付けていた。
俺とお袋はボロボロ泣くだけだったorz
告別式などが一段落して、親戚皆に「お嫁さんを大事にしなさいよ」と言われた。
仕事仲間にも同じ事を言われた。


74 :73:05/03/09 09:27:55
初七日が終った時、墓の前で嫁さんが「もっと色々してあげられることあったはずなのに」と
ポソっとつぶやいた。
それを聞いて、俺は親父に何をしてあげられたんだろうと、考え込んでしまった。
息子として情けない限りだった。
それまで別居だったが、嫁さんが言い出してくれて同居した。
適度にお袋を気遣いつつ、親子のように喧嘩もしたりして、逆に俺が疎外感を
感じるくらい、お袋と仲良くやっている。
この前は俺をおいて、二人で旅行にも行ったorz
「女同士、話す事がたくさんあるんだから」といわれて、何も言えなかったorz
1年経った今も嫁さんは、月命日に親父の墓に行って、何かを話してくる。
それを知ったのは昨日だった(恥)
毎日仏壇の前で朝晩、「お父さんおはよ〜今日もいい天気だね」なんて
話しているのは知ってた。
夕飯の時は、必ず何か一品を親父の前に供えている。
死ぬまで嫁さんを大事にしようと、改めて思った。
感謝してもしきれないと、心の底から思ってる。
そして、同居を申し出てくれた嫁さんに甘えず、嫁さんの強さに甘えず、
俺が夫として、今年の秋からは父親として、もっともっとしっかりしなきゃ
いけないと思った。

長文、おまけに湿っぽい話ですまん。


156 :素敵な旦那様:05/03/12 21:47:51
啓蟄だから、虫も這い出てるかなあ、見に行こうと、
家族全員、自転車ででかけて、ザリガニを発見した。
娘の顔も嫁の顔も輝いてた。


161 :素敵な旦那様:05/03/14 23:04:03
背中くっつけて座ってさ、妻の鼓動を肌で感じながら日向で本なんか読んで、
黙ってるのに心が通じてる感じ、違う事してるのに一緒な感じ、何もないのに幸せな感じ。
ちょっと前まで無職キモオタ童貞DQNだったのにさ。
あの頃の俺に伝えてやりたいよ。殺すとか言うなって。死ぬなんて考えるなって。
バカだなあお前、こんなにも近くに、幸せは待ってたのに。


211 :素敵な旦那様:2005/04/06(水) 10:51:23
同級生と中華街に行くとか言ってた日、家の前まで来るとイイ匂い。
ウキウキしながらドアを開けたら、にっこり笑ったカミさんが
ホンコンソース焼きそば(知ってる?)のキャラみたいなカッコで
ソデに手を入れて
「アぃヤー、お帰りアルヨー!」
ヒザから崩れ落ちたね。ナマズヒゲまで付けてるし。
そのヘンな服は小ネタのためにわざわざ買ったのか。
「そうアル。アナタ帰り遅いから何度かスに戻って大変だたアルネー」
「あーパパアルー」娘もかよ!

・・・・バカだこいつ、バカすぎる。
あまりのバカさ加減に、涙が出た。
ああ俺、結婚して良かったなあ。ホントに良かったなあ。


270 :素敵な旦那様:2005/04/21(木) 15:33:06
長文ですまんがどうしても言いたい!

今日、会社の改装工事により、突然午後からが休みになってしまった俺。
それで突然家に帰って嫁さんをランチに誘おうと、うきうきで帰った。
そしたら、自宅の前にタクシーが停まってて、丁度そこから嫁さんが降りるところ。
手にね、ケーキの箱みたいなの抱えて、俺に気付くことなく、ゆっくり自宅に入っていく嫁。
最近ますます綺麗になったなぁなんて見惚れつつ、驚かすつもりで俺もこっそり帰宅。

で、いつ声かけようかと迷ってる俺に気付かないままの嫁は、おもむろに料理開始。
こっそり見てたら、大鍋出してきてね、シチューみたいな煮込み料理を作ってる。
昼から煮込まなきゃなんない料理なんて、記念日ぐらいしかないんだけど
嫁さん、にこにこしながらそれを作ってるわけ。

おかしいな、って思った。
シチュー(?)に、ケーキに…今まで見たこともないぐらい晴れやかな嫁の横顔。
でもどっちかの誕生日でもないし、結婚記念日でもないし…
俺的には全然、その「特別な日」の予感に思い当たる節がない。

とりあえず隠れてるのもなんだし、腹も減ったし、で…
俺、思い切って嫁さんにそっと声かけたのね。
「ただいま〜」って。

271 :素敵な旦那様:2005/04/21(木) 15:33:41
そしたら。
一瞬、俺の顔見て( ゚д゚)ポカーンってした後…
嫁ね、いきなり号泣。
いきなり抱きつき。
予想外の反応にね、思わず不安になる俺。
だけどね、嫁さん、こう言うのよ。

「よかった。会いたかった。今日は早く帰ってきて欲しかったから」って。

当然俺またまたびっくり。
だってそんな風に言われたこと無かったから。

で、おそるおそるこう聞いてみた。
「どしたの。何があったの?」って。

そしたらね、嫁、ぽろぽろ涙零しながらこう言うの。
俺の手、ぎゅって握りながら。

「赤ちゃん出来たよ」


キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!*・゜゚・*:.。..。.
ってなもんですよ。
だって、もう小梨生活3年。
欲しい欲しいって言い合ってて、でもきっと自然に出来るって思って
二人で頑張ってきたから。

俺もね、号泣。
本気で号泣。

あああ、もう神様ってのがいて、俺と嫁さんを結びつけてくれたんだとしたら。
しかもこうして赤ん坊まで授けてくれたんだとしたら
ホント地べたに頭擦りつけて感謝したい!
それぐらい本当に嫁さんが好き。
そんな嫁さんとの間に出来た命も大好き。
結婚して良かった…としみじみ今日思いました。


296 :素敵な旦那様:2005/04/22(金) 12:04:29
割と遅めの結婚で、今までの食生活が悪すぎたせいもあるのかもだが
嫁の飯を食って5年、花粉症や肩こり、不眠、頭痛等がかなり改善された。
仕事はハードになってるのに。そのことに気づいたのはふと、嫁の本棚の
ファイルを見たら、花粉症に効く食事だの、俺がよくなる症状別の食事が
ファイルされてあったから。
更に俺の体調を管理するコメントのような物も書いてあって感動した。
まるで俺の観察日記みたいで笑ったけど。


355 :素敵な旦那様:2005/05/01(日) 16:57:15
イイ奥さんだな。ウチとは正反対だけど。

ヨメサンは専業主婦。俺は自宅で仕事。
7時前に起きて軽くメシ喰って、コーヒー淹れて、ベッドでまだ寝てるヨメサンに届ける。
寝ぼけてるから「おはよう」とはっきり言えずに「う〜」とか「む〜」とか言ってる。
9時頃、ノソノソと起きてきて目をこすりながら「おはよ〜」とデスクの俺にご挨拶。

たぶん誰の目にもぐうたらなんだけど、コーヒー届けた時の寝顔がかわいいんだよね。
今日もガンバロウと思える。だからそれでイイ。


372 :素敵な旦那様:2005/05/03(火) 19:42:32
俺の人生の1/3はヨメと暮らした期間。
俺の体のたぶん半分はヨメが作った飯でできている。
俺の心のほとんど全部がヨメのいたわりでメンテされている。


459 :素敵な旦那様:2005/05/20(金) 12:48:36
>>453 >>455 同感です。 家も今年秋で結婚 4年目に突入ですが
嫁との生活がウマクいっているせいか、日々とても穏やかです、嫁に感謝!!


473 :素敵な旦那様:2005/05/22(日) 21:59:15
子供が俺の癖をヨメから聞いたって話す時。
「パパはいっつも○○なんだよってママが言ってたけど、やっぱりそうだ!!」って
ゲラゲラ笑ってたりすると「毎日仕事で遅いのにヨメと子供は俺の話を
してるんだな〜」って思ってなんだか感激したよ・・・
呆れ笑いしながら子供に話してるヨメがいとおしい・・


477 :素敵な旦那様:2005/05/24(火) 18:09:16
ほっとくと耳穴から産毛が生えてくるんだけど
ヨメに膝枕してもらいそれを小さいハサミでちょきちょき
切ってもらう時かなあ

二人でまったりしてるときに俺の顔覗き込んで鼻毛とか耳毛をチェックして
長いと「切ってあげる」って

変ですかね


498 :素敵な旦那様:2005/05/29(日) 19:09:28
帰宅時間いつもバラバラなのに、家に帰ると丁度飯が出てくる。
ドア開けたときに嫁の「おかえり」と同時にレンジのチーンとか。
手洗いうがいしてる間にあつあつの味噌汁とおかずが並んでる。
これから帰ると連絡なんかしないのになんでだろ。不思議だ。
ずっと疑問に思ってるけどなんか照れくさいので聞けない。

502 :素敵な旦那様:2005/05/30(月) 09:33:04
>>501
猫が二匹いるよ。
あーそれでわかるのかな。動物は何かを感じるのか。
帰ると玄関で猫が座ってまってるし。
嫁さんも、あんたが帰ってくるとこの子達テンション上がるんだよ
と言ってた。


509 :素敵な旦那様:2005/06/02(木) 12:06:09
>>508
うちの猫2匹ともメスです。
関係ないけど、うちはなかなか子どもができなくて
毎日がさみしいと言う嫁さんのお願いで子猫2匹をもらったんだけども
猫を自分たちの子どものように溺愛していたら、嫁さん自然に妊娠した…
という感慨深い猫です。
今月三人(猫2匹+息子)の子持ちになる予定。


544 :素敵な旦那様:2005/06/12(日) 10:11:07

820 名前:素敵な旦那様[sage] 投稿日:05/02/18(金) 23:12:35
結婚して子供ができて、ホカホカした食卓にみんな笑顔で並んでたりして、
ときどき泣きそうなくらいの幸せを噛み締めるなー。
「荒みじんの玉葱が入ったでっかいハンバーグ」とか、「大皿いっぱいの散らし寿司」とか、
カミサンと子供には、自分が子供の頃に満たされなかったものを埋めてもらってる。
「ケチャップで名前書いたオムライス」「釜で炊いたお米のキレイな狐色のお焦げ」
「ジャガイモとニンジンのゴロゴロしたカレー」みんな夢見るだけで一回も与えられなかったものだ。
「年の数だけロウソクの立ったケーキ」も。
なんか、三十過ぎた今になってようやく、切ない気分にならずに見られるようになった。
最初の頃なんか幸せな食卓に座るたび「なんで俺がこんなトコにいるんだろ」とか思ったけど。
自分みたいな一人きりの惨めな飯とか、親も不在で金も食いモンも無くてひもじい思いとか
ぜったいさせたくないな。

824 名前:820[] 投稿日:05/02/19(土) 13:27:28
うちね、端的に言うと親が超DQNだったの。
当時のウチのメシ見たらみんな残飯かゴミかと思うよ、きっと。
幸か不幸か自立して生きて来れた。優しい嫁とも会えた。元気な子供もできた。
だから、俺はきっと神様っていると思う。

新婚当時は出されたもの食べてた。しばらくして(長男を妊娠した頃か)
「ね、好きなものなんでも作るよ、なに食べたい?」って
聞かれたから、思わず「おっきいハンバーグ」って答えた。
我ながら三十過ぎてなにいってんだ思ったけど、嫁はニッて笑って、
小さめの座布団みたいな超巨大ハンバーグ作ってくれた。
俺のこと見ててなんか感じたのかな。爪楊枝のちっちゃな旗が立ってて、
お手製ハンバーグソースで「○○くん(はぁと」とか書いてあった。

俺って妻だけではなく、初めて家庭と母親を手に入れたんじゃないのかな。

>もう既出感が高いんですけど何回読んでも泣ける…。・゚・(ノД`)・゚・。


567 :素敵な旦那様:2005/06/14(火) 22:41:48
夜、ふと目を覚ますと嫁が背中にしがみついて寝てることがある。
そんなとき、しみじみ幸せを感じる。


568 :素敵な旦那様:2005/06/15(水) 17:54:21
夜中ふと目を覚ますとカミさんが横で寝てる。
小さい寝息でスピースピーと呼吸しているのが聞こえ
その横で犬が同じくスピスピ寝てる。
二人して同じ横向きポーズで寝てる。
一人暮らしが長かった俺には幸せな瞬間だ。


577 :素敵な旦那様:2005/06/16(木) 00:17:38
俺の親父の話(毎回同じ話)をにこにこしながら聞いてやってる嫁。
お前、いいヤツだな。

578 :素敵な旦那様:2005/06/16(木) 07:21:29
>>577
あー、俺も同じコトやっちゃってる(笑)。ウチも聞いてくれるよ。有り難い。


591 :素敵な旦那様:2005/07/01(金) 09:04:30
風邪引いて会社を休んで、数日間寝込んだ。
今更だが結婚してよかったとつくづく思った。
独身の頃は一人暮らしだったから、寝込むと食料もないし
部屋の中も汚れて洗濯物もたまって、着る物もなくなる始末だった。
今はカミさんがいて、食事や風呂の世話、洗濯をしてくれる。
何よりも気にかけてくれる人がいると言うのがこんなに嬉しいとは思わなかった。
夜中に起きて氷枕を取り替えてくれたり、仕事から慌てて帰ってきたり。
すっかり回復して礼を言って、お前は大丈夫なのかと聞いたら
「私?私は倒れてるヒマなんかないのよ、私が倒れたらこの家どうなっちゃうのよ」
だと。確かにそうだ。俺は嫁が寝込んだ時ここまでしてなかった。
次回もしカミさんが寝込んだらもっと家事しなくては。反省。


628 :素敵な旦那様:2005/07/21(木) 17:16:10
昨日飲み会で遅くなった。妻は寝ていた。
シャワーを浴びて起こさないように静かに布団に入ると
背中に妻の足の裏が当った。何だと思ったら
「帰りが遅いキック」と、寝ぼけた声で言う。
ああ、起こしちゃったか、悪い悪いと言ったら、今度は両足で
「帰りが遅いダブルキック」 ・・・・さらに
「帰りが遅いパンチ」と、こぶしが力なく背中に当った。眠いなら寝ろよ。
フニャフニャした寝顔と声が可愛かった。遅くなってすみません。


631 :素敵な旦那様:2005/07/25(月) 09:06:15
こないだ会社の帰りに雨に降られてしまって、傘持ってなくて
カミさんに電話したら車で駅まで迎えに来てくれると言われた。
それはいいんだが駅の改札から車を停められる所までは歩くから
ダッシュで走るしかないかなーと思ってたら、改札でカミさんが傘持って待っててくれた。
「傘ないんでしょ、濡れちゃうと思って」って。気づいてくれたのか。
こんな感じで実によく気がつく。実家の親にもすごく気を使ってくれる。
カミさんを見てると自分がいかに気がつかないかと反省するよ。


posted by ひめたろう at 23:13 | 恋愛・結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。