2005年06月07日

子供の頃にしてた奇行 part 3 その1

18 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 04/11/22 15:35:48 ID:U2pO0n3v
きつねどん兵衛のお揚げをスポンジ代わりにして汁を吸っていた。
ちゅーちゅー吸ってくちゃくちゃになったら、また汁を含ませ
それを繰り返してカップの汁を全部吸っていた。
決して普通に飲んだりしなかった。

あと、バナナを一口かじったら、その断面をリップクリームをつけるように
唇にうにゅうにゅとひたすら擦り付けていた。
近所のおばちゃんにそうやって楽しんでいる所を見られて
「バナナはそんなふうにするもんとちゃう」って怒られた。


35 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 04/12/07 22:22:15 ID:KVH482Ks

そういえば、それを見て「家のどこにゴミが多いか」をまとめたノートを作って、
母に見せたことも。ずいぶん嫌味な保育園児だ…。


37 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 04/12/07 22:24:20 ID:GVQl/b4/
大事にしていたたぬきのぬいぐるみを外に連れ出し道路の真ん中に置いた。
そして傍でじっと待ち、車が来たらたぬたんをすばやく助け出した。
漫画で良くある轢かれるギリギリに助けるっていう場面をイメージしてました。
ヒーローになりたかったんだ…or2
「もう大丈夫だよ」みたいな会話も(独りで)してた。


46 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 04/12/19 22:48:22 ID:OYMX8zGY
夜、ふとんの中でモンチッチの足の裏を舐めてた。
昼は何か汚く思えてできなかった。


109 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 05/01/15 16:53:35 ID:zKHHSsEi
母親がパンを作るのが好きで余った生地で小さなパンを作らせてもらった事があった。
その焼き上がったパン(バターロール)を見ていたら何故かすごく愛おしくなって、
ビニール袋に密封して肌身離さず持ち歩くようになった。
(ペットの猫や犬を可愛がるような心境だった。)

最後は風呂にまで持ち込んだんだが、さすがに風呂の湿気ではビニール袋の中のパンも
耐えられず最後はふやけてボロボロになってしまった。
見る影もなくなったパンを見て1人号泣した。


134 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 05/01/21 21:52:44 ID:kvQ4cfAq
お本の挿絵にかわいいーひよこがいっぱい描いてあって(リアル)
ひたすらひよこの部分をベロベロエロベエロベロベロ舐めてた。
可愛がってたつもりなんだけど。


226 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 05/03/01 19:40:42 ID:NfudQ4h5
奇行ってほどじゃないが
味噌汁の入ったお椀の中で味噌が対流しているのを
「早くたべなさい!」って怒られるまで
じーーっと見てた。

あと、箸を左右の手に一本ずつ持って
ナイフとフォークの真似してた。

ドロップとか飴とか、けっこう贅沢品だったので
小さい頃は台所で調味料入れのザラメや砂糖をカラになるまで舐める
「妖怪砂糖舐め小僧」だった


228 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 05/03/02 04:00:06 ID:rfj7ayO4
右手を物にぶつけたら、左手も同じようにわざとぶつけないと気が済まなかった。
ちょっとでもぶつけ方が違うと同じようにぶつかるまで何度も繰り返してた。

そうすると左手ばっかり何度もぶつけて気持ち悪いので
右手も同じように何回も(ry

とにかく「どっちかだけぶつかる」って言うのが気持ち悪かった。なんでだろ


posted by ひめたろう at 13:20 | TrackBack(0) | ノスタルジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。