2006年07月06日

サンタとして

【嘘も】子供に吹き込んだ嘘【方便】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1138761536/l50

132 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 2006/07/05(水) 22:15:50 ID:DgAOen4R

妹の子供、つまり姪っ子が小学校低学年だったとき、
サンタさんは実は親?と言う話になった。

私は「サンタってほんとにいるの、知らないんだぁ・・・」などと、信じられな〜いって
顔でつぶやいた。もう一人の姪が「だって私んち、マンションで煙突もないのに
どうやってサンタさん部屋にはいってくるの?」と言う。

私「ええ!!知らないの?サンタのトナカイって空飛べるんだよ?
  で、サンタはマンションのベランダの外側にそりをとめて来るんだよ。
  鍵を閉めてたってガラスや壁を通り抜ける事が 出来るんだよ。
  それでちゃんとプレゼントを枕元に置いていくんだよ。」

と言ったら信じていた。

姪が小6になった時、妹が「中学生になったらサンタからプレゼントはもらえない」と言った。
姪はクリスマスの夜、サンタに一生懸命ローマ字で手紙を書いたので、妹は姪が寝入ったら
こっそり手紙をぬいて、私に「サンタとして返事を書いてあげて」と持ってきた。

なので、一生懸命頭をひねって

「お手紙ありがとう。一生懸命ローマ字で書いてくれたね。
 私は世界中の国の言葉がわかるので、日本語でも大丈夫ですよ。

 (中略)

 ○○さんはプレゼントはいつまでもらえるか書いてましたね。
 残念ながら小学校を卒業するころには心も体も大人に近づくので
 サンタのリストからはずされてしまうのです。

 (後略)

 でもお手紙、本当に嬉しかったよ。
 いつまでも笑顔を忘れないでね。」

と書いて枕元においた。

翌朝、ものすごい喜んで、今でも机の中に大事にしまってあるそうだ。


でも

「サンタも手紙はパソコンなんだねえ」

と言われて

「世界中の子供に手紙書かなきゃいけないんだもん、
 腱鞘炎になっちゃうよ」

とはいったんだが・・(特徴ある字だからバレチャウヨ)
posted by ひめたろう at 01:59 | Comment(0) | 一レスもの:育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。