2006年05月26日

とりあえず逝ってくる

7名前: 1投稿日: 2006/03/11(土) 07:49:21 ID:LvXOEruQ0

ウチは代々長寿の家系で、漏れが小さい頃はひい爺ちゃんがいた。
ボケもせずとても元気な爺ちゃんで、漏れの爺ちゃんを子供扱いして
親父なんかまさに鼻タレ坊主みたいに思ってた。
さしずめ、ひ孫の漏れなんか精子みたいに思ってたんだろうw

すごく優しく、でも昔の人だから一度怒るとなかなか機嫌が
直らない。爺ちゃんとか親父もいつも苦笑してた。

先に爺ちゃんが亡くなったんだが、その時も遺体に向かって

「親より先に死ぬバカがドコにいる!
 このバカ者!起きろ、起きて来い!!」

って大泣きしながら叫んでた。

爺ちゃんだって74歳で亡くなったんだから、充分でしょ。
今ならそう思うけど、当時はやっぱつられて周りのみんなも
大泣きしたっけ・・・・

そんなひい爺ちゃんも、風邪から肺炎みたいになって亡くなったんだが
臨終の時まで家族に看取られてたんだが、その時のセリフが

「まぁ、そんなに泣くな。
 ○○達(爺ちゃんとか先に亡くなった人達)も待ってるし
 とりあえず逝ってくるわい・・・」

カッコ良かったなぁ、ひい爺ちゃん。


posted by ひめたろう at 16:07 | 一レスもの:癒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。