2006年05月25日

上司の携帯の留守電に

恥ずかしくて死ぬかと思った体験 33度目

566名前: おさかなくわえた名無しさん投稿日: 2006/05/25(木) 14:40:03 ID:tW0EFTZK

夜、仕事上でトラブルがあり、
上司に急いで電話を掛け指示を仰ぐことになった。

そのときは夜2時頃だったため、さすがに起きていなかった。
何度電話を掛けても出ないため、上司の他にその案件に
強い人がいるから、その人に指示を仰ごうということになり
とりあえず上司の携帯の留守電にメッセージを入れておこう
という話になった。

そのときの模様

『お疲れ様です。
 ○○の○○です。

 ぁぁぁ・・ぁ・・・。
 ヘッキュシュン!!
 ぁぁぁぁ・・・。
 ヘッキュシュン!!
 ゴシゴシ
 すいません!!○○でsブチッ』


posted by ひめたろう at 15:24 | 一レスもの:笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。