2006年05月10日

ジーク・キダン!

ガンダム風に語る夫婦生活
@既婚男性

238 名前: 素敵な旦那様 [sage] 投稿日: 2006/04/17(月) 21:14:21

漏れは漏れですらゆるい最後のジャージを失った。

しかし、これは更なる嫁の増量を意味するのか?
否!垂れてきたのだ!

結婚当初に比べ、漏れ達の精力は30分の1以下である。
にもかかわらず今日まで嫁達が肥え太ってこられたのは何故か?

諸君!我がキダン公国の住民全てが御人好しだからだ。
これは諸君らが一番知っている。

我々は少ない小遣い故にオナヌーのオカズも奪われ
子種滞納者にさせられた。

そして、一掴みぐらいだった漏れ嫁の腹の脂肪は
男物のXLサイズにまで膨れ上がって5余年、
玉袋に住む子種が自由を要求して何度踏みにじられたか。

キダン公国の掲げる楽しい性活のための戦いを
神が見捨てるはずはない。

漏れのムスコ!
嫁の姿を見るたびに萎える。

何故だ!?

「腹とオッパイが一緒だからさ」

新しいお菓子が出るたびコンビニに買いに行くのは、漏れの仕事でもある。
ならば、漏れは襟を正し、この悪循環を打開しなければならぬ。

我々は過酷な性活を共に苦悩し、煽り、茶化し、イジリ、錬磨して
今日のキダン文化を築き上げてきた。

かつて、どこぞのアメリカ人は、太り過ぎた嫁の下敷きになり、
遠のく意識の中お花畑が見えたと言った。

しかしながら我が嫁の無駄すぎる脂肪共は、
自分たちが性活の支配権を有すると増長し我々に抗戦する。

諸君の子種も、ムスコもその嫁の無思慮な脂肪の前に萎えていったのだ!

この悲しみも怒りも忘れてはならない!
それを、どこぞのアメリカ人は!
臨死体験をもって我々に示してくれた!

我々は今、この恐怖を結集し、嫁の腹に叩きつけて
初めて真の性活を得ることができる。

嫁の減量こそ、ゴミと化した子種全てへの最大の慰めとなる。

キダンよ立て!
悲しみを怒りに変えて、立てよ!ムスコよ!

我らキダン板国民こそ「ある意味」選ばれた民であることを
忘れないでほしいのだ。

カワイソスである我らこそ人並みの生活を得るのである。

ジーク・キダン!


機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜



posted by ひめたろう at 23:26 | 一レスもの:笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。