2006年05月10日

男の子は泣いちゃいけんのよ!

いい人・やさしい人のお話9

266 名前: 1/2 [sage] 投稿日: 2006/05/09(火) 14:52:56 ID:+UB4zPSq
今から30年近く前の話。当時8歳の俺は
母が入院した関係で祖父の家に預けられていた。

その祖父は質屋を営んでいたんだが、時々夕方ふらっと
銭湯に出かけ、俺が店番をすることがよくあった。

ある日のこと、いつものように計算ドリルなど解きながら
店番をしていると、お客さんが・・。

ただ、たった一つ違っていたのは・・・
お客さんは893だったのです。(川谷卓三似)

後で知ったが、どうやら品が質流れになったのを
恨んでいるらしく、(逆切れもいいとこだがw)

「じじいおるか?」

「おらん」

「どこじゃ?」

「しらん(子供心に場所はいっちゃいけないと思った)」

「あのじじい・・・・・・・・・お前はなんな?(注:お前は誰なんだい?)」

「孫」

「なんでお前がおるんな(注:どうして、君はここにいるの?)」

「お母ちゃんが病気しとるけえ、ここにきちょる
 (注:母が病のため、ここに来ているのです)」



267 名前: 2/2 [sage] 投稿日: 2006/05/09(火) 14:53:41 ID:+UB4zPSq

その瞬間、893は顔を真っ赤にしてまなじりを見開き、
天を仰いで「くわァ〜」と小さくつぶやくと

「もうええ!!二度とこんわ!!!」

そう言って、出て行こうとしたのだが、急にくるっと振り返ると戻ってきて、

「これでアイスでもこうちゃりゃあ(注:これでアイスでも買いなさい)」

といってカウンターに100円を叩きつけて一言、

「男の子は泣いちゃいけんのよ!!」

893さん、あの時泣いていたのはどうみてもあなたのほうです。

本当にありがとうございました。


posted by ひめたろう at 10:57 | 一レスもの:癒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。