2006年05月06日

寂しくて泣いたよ

日本びいきの外人を見るとなんか和む Part24
@生活全般

69 名前: その1 [sage] 投稿日: 2006/05/06(土) 08:19:01 ID:O2CHCGOt

某板より誘導されて来ました。いいスレですね。少しお邪魔させて頂きます。

私は親の仕事の関係で6年間ほどフィンランドに住んでいた事があり
ある程度フィンランド語が理解できます。

一週間ほど前に立派な日本庭園で有名なあるお寺に家族と行ったんですが
そこで何やら懐かしい言葉が聞こえてきました。

フィンランド人の若い男性4人、女性2人のグループが
お寺内に上がるために靴を脱ぐ所で何かで揉めているようでした。
どうやら昨晩泊まった宿で出されたお料理の中にあった
あるお料理をその中の一人の男性が女性から奪って食べてしまったらしく
それを責めているwといった内容でした。

こんな感じです。

女性A「全く○○(男性Aの名前)は!私があのお魚好きなの知ってるくせに!!
    せっかく日本で美味しいカツオが食べたかったのに・・・許さん」

男性A「もう散々謝っただろ!女はマジしつこいな・・・
    美味しすぎてつい理性失くしちゃってさ・・・(*´д`*)」

男性B「ああ・・・美味かったよな・・・カツオ最高に美味かった!
    最初に食べないからだめなんだよ〜w」

女性A「キイィィィィィィィい!!!」

女性B「夕べは一晩中、○○(女性A)はこの話をしてたのよw
    寝かせてくれないのww」

男性C「( ^∀^)ゲラゲラ。
    またあの茶碗蒸し(発音はチョワンムーシ)食いてえええ!!」

男性D「お前ら超ウルサイ。空気嫁。ここどこだと思ってるんだ。
    激しく集中しろ。ここには日本の神様が沢山いるんだぞ?
    そんなに大きな声で話してるの俺達だけじゃんよ・・・('A`)
    日本のお寺で大きな声を出しちゃだめ!お庭の神様が怒ってしまうよ!」

その他「スマンかった。(´・ω・`)ショボーン 」

女性B「ちゃんとお庭に敬意を持って日本スタイルで座らないとダメよ。」

男性A「おう分かった。それにしても綺麗だなぁ〜。マジすげーよ。」

・・・しばらくお寺と庭園にボーっと( ゚д゚)見とれる6人(ちゃんと正座してw)


74 名前: その2 [sage] 投稿日: 2006/05/06(土) 09:09:44 ID:O2CHCGOt

ひととおり堪能し、帰る際にもその一行と遭遇しました。

口々に
「綺麗だよねー。もっともっとお寺観たいよ。また秋に日本に来ようよ!」
などと話しています。

男性D「で、昼ごはん何食べる?ワクワク」

男性C「ここに来る途中に見つけたウドンの店あったじゃん?
    ウドン大好き!そこ行こうぜ!」

女性A「カツオもあるかな?」

男性B「お前必死やなwwwウドンのお店に魚はないだろなー」

女性B「キョウコサン(仮名)←旅館の女将?お部屋係?)に
    もう一度カツオ食べたいんですけど・・て頼んでみれば?」

女性A「ぜひそうしたいけど、わがまま言うのは申し訳ないよ・・・」

そこで思い切って話しかけてみました。「日本楽しんでますか?」と。
その6人はまさか日本で、日本人にフィンランド語で話しかけられるなんて
信じられない!と大エキサイト。

すっかり仲良くなり、一緒にウドンを
私の家族含めて大人数で食べに行きました。

色んな種類のウドンとおにぎりをオーダーして皆で
まわしまわししながら食べました。まさにウドンパーティーww

一番評判良かったのがきつねうどんと釜揚げw。
きつねの甘いお揚げと釜揚げの薬味の生姜とねぎが大好評でした。


75 名前: その3 [sage] 投稿日: 2006/05/06(土) 09:15:25 ID:O2CHCGOt

翌日には別の場所へ移動してしまうとの事もあり、
午後は色んな話しながら案内し、彼らの滞在してる宿は
電車で20分位のところだったので送っていき、
もうこの際ついでだと思ってそこの女将さんに

「夕べのカツオのお刺身(よく聞くと実際はタタキだったようです)と
 茶碗蒸しがとても美味しかったようなので、できるならもう一度
 出してあげて下さいませんか?」

と私が頼んだところ、女将さんと板長さんは
快く了承してくださりました。

女性Aとメアド交換して分かれたのですが、その夜は板長さんも
嬉しかったみたいで、張り切って彼らにカツオのタタキや茶碗蒸し以外にも
料理沢山サービスしてくれたようです。

昨日無事帰国したとメールが来ました。

上記の↑あなたが言ってくれたおかげで会った夜のディナーが
もう最高に凄かったんだよ!という内容と、日本滞在が
とても楽しかったという文章の後、

「絶対秋にまた行くよ!!
 皆、帰りの飛行機の中で寂しくて泣いたよ。
 で、決意したよ!休み返上して仕事して皆で休暇取るからね!
 本当にありがとう。これは6人皆の気持ちです。」

フィンランドにいた期間は私にとって幼いながらもとても幸せで
周りの現地の方々に優しくしてもらった記憶しかないので
少しでも恩返しができたみたいで良かったです。

長文、駄文、失礼しました。


本


■関連ブログ
japonismeさん
http://japonisme.seesaa.net/


posted by ひめたろう at 14:49 | 一レスもの:癒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。