2006年04月10日

カーチャン、ごめんよ・・・

@孤独な男性


1名前: 名前は誰も知らない投稿日: 2006/03/30(木) 22:26:16 ID:QmXfyFjK0
J( 'ー`)し たけし、中学はどう?友達できた?
('∀`) 3人ぐらいできたぜ!それでA助って奴が(ry
J( 'ー`)し そう、よかったわね。これからもがんばりなさいよ。


中学、高校、そして大学に進学するたびに、こんな会話があったわけだが・・・
でもホントは俺、一人も友達できなかったんだ。
ゴメンな、カーチャン。嘘ついて・・・
でも俺、カーチャンを心配させたくなかったんだ。


22 名前: 名前は誰も知らない [sage] 投稿日: 2006/03/31(金) 02:39:12 ID:B1yUIDKNO
それ以前に俺には母親がいない、離婚したのさ
離婚した原因は知らないんだ。当時まだガキだったからさ俺

ただ言えるのは毎晩、夫婦喧嘩してたのはよく覚えてる
俺、怖かった。父親と母親が怒鳴りあってる姿を見てるのが
母親は遂に耐えられなくなって家から出て行った

でもさ聞けないんだよ、父親からなんで母親は出て行ったのかって
たぶん聞いちゃいけないんだろうな、ってガキの俺でも変に
気を使っちまったんだな

母親が出て行ってもう7年が経つ
母親とは家を出て行ってから年に数回であるが街で遭うことがある
いや、遭うというより向こうから勝手に来る。
学校の帰りとかに待ち伏せていたり

何故か俺は会ってもあまり嬉しくない
何でだろうな?俺子供のころは母親にべったりだったのにさ

不思議なもんだよ、俺ってやつは


23 名前: 名前は誰も知らない [sage] 投稿日: 2006/03/31(金) 02:45:11 ID:oWtEN9diO
カーチャン…

今まで迷惑かけてばっかでごめん

こんな折れだけど今まで育ててくれて本当にありがとう。

孫の顔見せるのは多分無理だけど折れは折れらしく精一杯生きるから…

親孝行は必ずするから…


35 名前: 名前は誰も知らない [sage] 投稿日: 2006/04/08(土) 05:05:05 ID:99viYiId0
大学に進学が決まり一人暮らしをすることになった。
学校が始まる2,3日前にわざわざアパートまで来て
いろいろ世話をしてくれていたのだが同じ高校で
同じ大学に通う予定の友達が遊びくるので
「出て行ってくれ」と追い出してしまった。

そのときの母の背中は何かさびしいものがあった。

入学式前のガイダンスに出かけ帰ってきたら
真っ暗な部屋の中に書置きが

「入学式、気をつけて行ってらっしゃい」


37名前: 名前は誰も知らない投稿日: 2006/04/08(土) 16:26:39 ID:R8kbI1Ti0
なんか急に母のことを思い出したので書き込みます…。
自分も母が生前生きているときにさんざんひどいことを言った。
あの有名なAAのごとくまったく母さんのことを思っていなかった。。

母さんの癌が発覚する1年前くらいに一緒に旅行行かないと誘われた。
俺はバカバカしいなと思ってふざけんな!一人で勝手に行け!と
言ってしまった…。

母さんは凄い悲しい顔をして俺の部屋から出て行った。
あの時母さんが必死に涙をこらえて、そうだよね、ごめんねいきなり。って
無理に笑顔を作ってくれたのをまだ覚えている。

そして母さんは癌で亡くなった。

1つのインスタントカメラが
母さんの大事な物入れっぽいのに入っていたので
現像したら全部俺が写っていた。

他にも俺の小さいころの写真とか入っていて…ごめん、
この書き込みを書いてて目の前が涙で見えなくなってきた。。

なんで俺はありがとうの一言をかけかなったのか凄い後悔した。。。

天国の母さんへ、今まで面倒見てくれてありがとう。
一緒に旅行に行ってあげなくてごめんね。
一生懸命生きるから。
見守っていてください。

ありがとう。

おまいらも親は大切にしろよ。。


49名前: 名前は誰も知らない投稿日: 2006/04/09(日) 02:02:35 ID:E+D4n8OC0
孤独になって初めてカーチャンの優しさに気づいた。
独り暮らしを許してくれてありがとうカーチャン(´Д⊂グスン

今年の母の日は何かしてあげたいな…


56名前: 名前は誰も知らない投稿日: 2006/04/09(日) 15:42:14 ID:CZ7U1dM30
わたしのお母さんはわたしが7歳の時に病死しました。
お母さんはずっと入院していたんですが、
死ぬことはわたしにはずっと内緒にされていました。

ある日学校から家に帰ったら、おばあちゃんがひどく泣いていて、
なぜかわからないけど、「ごめんなさい、ごめんなさい」って言って、
わたしは何が何だかわからなくてただ呆然としていました。

その後おばあちゃんはいろんなところに電話していて、
話の内容を聞いていたら、「○○が今日亡くなりました」と・・・

そうだったんだ。

お父さんがいつも「お見舞いに行ったら、お母さんを励ましてやれ!」って
いつも必死だったのはそういうことだったんだ。

お母さんが急に家を飛び出して後を追いかけて行ったら、
人気の無いところでずっと泣いていたのはそういうことだったんだ。

入院中に一日だけ家に帰ってきたのって、死ぬ前に一度だけ
家に帰りたいってことだったんだ。

家に帰ってきたときもずっと布団で寝てるだけだったし・・・。
死ぬことがわかっていたならもっといっぱいお話しておきたかったな・・・。

でも死ぬ前に毎日日記書いていたんだね。
死ぬ前の悲しさと、お母さんが死んでもがんばりなさい!って気持ち
十分よく伝わったよ。

病院でもっとはげましていればよかった。
ごめんなさい。お母さん。

死んだ次の日はお母さんの誕生日だったから
火葬場でプレゼントも一緒に焼いたけど、届いたかな?お母さん。


62 名前: 名前は誰も知らない [sage] 投稿日: 2006/04/09(日) 18:50:10 ID:OF0fdW2g0
どんな状態であれ、おまえが生きてることだけで
充分親孝行なんだよ。

頑張れ!って無責任に言えないけど、
無理しないで生きてけばいいんだよ。

なるべく楽観的にな。

なるべくでいいからよ。


72名前: 名前は誰も知らない投稿日: 2006/04/10(月) 15:37:08 ID:9j4CDN+Q0

   |               | 
  !       i              |
    i     | 
  /  ̄ \                  
 lニニニニコ  .i           | 
  \___/   |    | 
    | ||i 
    | |  |    ______/    |     i 
   | ̄||   |   ``‐-、._    \    i
   |  |i   !        ``‐-、._ \     
   |_|     i  .     /  `‐-、\ i 
    | |   i.   | J( 'ー`)し        |   i 
  _| |_      ( 〆) ('∀`)       | | |     ^           
  |___|      (_(_)  (_ _) 

                        母ちゃん。
        なーに?
                    今日は迎えに来てくれてありがとう。
       うふふ。いいのよ。    
                     昨日は怒ってごめんね。
      お母さん、凄い嬉しいわ。  
                    ずっと一緒にいようね。
      そうだね。
                    うん。



posted by ひめたろう at 18:30 | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。