2006年03月28日

感謝の気持ちでいっぱいです

葬式でやっちゃった…2回目
@冠婚葬祭

723 名前: 長文スマソ [sage] 投稿日: 2006/01/20(金) 16:21:09
数年前に姉が他界したのですが、その時の話です。

葬儀が済み、初七日の繰り上げ法要でお坊さんに
お参りに来てもらう事になりました。

父が他界した時など、以前は住職さんにお参りに
来てもらっていたのですが、高齢のためか最近は
息子さん(私達の間では若と呼ばれている)がお参りに
来てくれていました。

その日も若がお参りに来くれたのですが、帰り際すっくと立ち上がると、
産まれたての子馬の様な足取りで歩きだし玄関で大転倒。

我が家の玄関の壁に大穴をあけたのでした。
…お坊さんでも足が痺れるんですね。びっくりしました。


四十九日のお参りの際には、私は号泣し鼻水だらだら状態、
鼻かみたさのあまり読経が終わるなり立ち上がり若と同じ場所で転倒、
居間まで這っていき、悲しさと痛さと情けなさのあまり更に号泣。

目撃者談 「足の甲で歩いていたよ…」

両足首捻挫していました。


その後も月命日のお参りの最中に横の襖が突然外れて
若の頭の上に倒れてきたりとハプニング続出でした。

当時、家族親族全員深い悲しみと絶望の中にいたため、
「お姉ちゃんが笑わせようとしているのかねぇ…」なんて
話していました。

その後も若は鐘と間違えてお線香入れを叩いたりと
私達を笑わせてくれています。

若にとっては苦い思い出いっぱいの我が家でしょうが、
それでもいつもありがたいお経をあげに来てくださるので
感謝の気持ちでいっぱいです。






posted by ひめたろう at 00:22 | 一レスもの:癒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。