2006年02月10日

ふたりでわらおう

あるちばでうまれたははおやのいちにち その2.5
@育児

950 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 2006/02/06(月) 20:50:47 ID:WPd3TMdp
わたしがちゅうがくにあがるちょくぜんくらいから
ぎくしゃくしはじめたじっかは だいがくさんねんのときに
かんぜんにほうかいした

いもうとはけいたいのばんごうしかわからない
たまに おかねのむしんや なきごとのでんわがあるからわかるだけ
ははおやは どこにすんでいるのかもわからない
がらすのこっぷをおもいっきりぶつけられた
きずあとだけがのこってる

ひとりでいたあいだ ろくなものをたべなかったことがあるせいか
からだもぼろぼろ 

けっこんしてもにんしんしたらだめですよ
そういわれてきた

そんななか わたしをずっとささえてくれたおとこのひとがいた

さいしょはともだちとして
つぎはこいびととして
そしていまはだんなとして

そして
「ともだちのおかあさん」
「こいびとのおかあさん」
「だんなのおかあさん」
もわたしをずっとささえてくれた

つらいときはだきしめてくれた
いっしょにないてくれたことさえある

にんしんできないわたしをいちどもせめなかった
「あかちゃんはまだなの?どうして?」
ってきくひとを ほんきでおこってくれたこともある

おかあさん

ありがとう、さんじゅうねんまえのきょう あのひとをがんばってうんでくれて。
わたしもいつかだれかに「ありがとう」っていわれるような こどもをそだてたい

みなみのうみのそばから ゆきぐにへとついだおんなは
「にんしんしてもいいですよ」っていわれた けんさけっかの
かみをにぎりしめて だんなのかえりをまっている

おかあさんもとってもよろこんでたよ
わたしがありがとう、っていうすきもなく
ひたすらわらったりないたりしてて たいへんだったよ、ってふたりでわらおう


posted by ひめたろう at 20:16 | 一レスもの:育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。