2006年02月03日

喜色満面で

シュールな弁当展覧会
@生活全般


541 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2005/07/26(火) 21:17:48 ID:PdJuLp1r
中学のある時期、わけもなく「そぼろご飯」にはまったことがあった。
それで母に「お弁当にそぼろ入れて!鶏そぼろと玉子そぼろ!」と頼むと、
にっこりとOKして「じゃ、明日入れるね」といわれた。

次の日、ルンルン気分で学校いって昼休みに弁当のふたをあけたら。
一面そぼろだった。一段目が茶色で二段目が黄色。

それは別に良かった。むしろ嬉しかった。
そぼろだけでちゃんとしたおかずになるし、何しろ大好きだったから。
喜色満面でたべはじめて、あることに気付いた。

米 が な い 。

食べても食べてもそぼろだけ。茶色と黄色。
鶏そぼろの味付けの濃さにむせ返りながらも、玉子そぼろの砂糖の甘さに吐き気を
もよおしつつもなんとか完食。それ以来母に弁当のリクエストはしていない。
・・・いつもは綺麗で美味しい弁当作ってくれてたのになぁorz
 


posted by ひめたろう at 22:54 | 一レスもの:笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。